山下重一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山下 重一(やました しげかず、1926年2月24日 - 2016年4月1日 )は、日本の政治学者國學院大學名誉教授、専攻は政治思想史

東京都世田谷区深沢出身[1]1948年東京大学経済学部卒業。1951年同法学部卒業。ジョン・スチュアート・ミルジェレミー・ベンサムの研究において業績を残す。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『イギリス政治思想史』小峰書店、1968年
  • 『J・S・ミルの思想形成』小峰書店、1971年
  • 『J・S・ミルの政治思想』木鐸社、1976年
  • 『スペンサーと日本近代』御茶の水書房、1983年
  • 『英学史の旅』御茶の水書房、1995年
  • 『ジェームズ・ミル』研究社出版、1997年
  • 『J・S・ミルジャマイカ事件』御茶の水書房、1998年

共著[編集]

  • 『英国と日本』自由社、1975年
  • 『国家思想史』下、青木書店、1980年
  • 『イギリス思想と近代日本』北樹出版、1992年
  • 『転換期としての日本近代』叢書転換期のフィロソフィー、ミネルヴァ書房、1996年
  • 『イギリス理想主義の展開と河合栄治郎』世界思想社、2014年

編著[編集]

  • 『近代イギリス政治思想史』木鐸社、1988年

訳著[編集]

  • トーニー「獲得社会」『世界の思想』第17巻、河出書房、1963年
  • ベンサム「道徳および立法の諸原理序説」『世界の名著』第38巻、中央公論社、1967年
  • モーリス・クランストン著、山下重一、中野好之岡和田常忠訳『政治的対話篇』(みすず書房、1973年)
  • J・S・ミル『アメリカの民主主義』社会科学ゼミナール、未来社、1979年
  • J・S・ミル『J・S・ミル初期著作集』第1~4巻、御茶の水書房、1979、1980、1980、1997年
  • J・S・ミル『ミル自伝初期草稿』御茶の水書房、1982年
  • モーリス・クランストン編『西欧の政治哲学者』木鐸社、1987年
  • アレクサンダー・ベイン英語版著、山下重一、矢島杜夫訳『J. S. ミル評伝』(御茶の水書房、1993年)
  • J・S・ミル『評注ミル自伝』御茶の水書房、2003年

その他[編集]

脚注[編集]