山下町公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山下町公園
Yamashita-cho Park of the Yokohama Chinatown of Naka-ku, Yokohama-shi,the Kaihoutei is seen to the right.JPG
横浜市中区の横浜中華街の山下町公園、正面から。会芳亭が右に見える。
分類 都市公園(街区公園)
所在地
横浜市中区山下町135-1
座標 北緯35度26分32.4秒 東経139度38分49.8秒 / 北緯35.442333度 東経139.647167度 / 35.442333; 139.647167座標: 北緯35度26分32.4秒 東経139度38分49.8秒 / 北緯35.442333度 東経139.647167度 / 35.442333; 139.647167
面積 1331m2
前身 中華民国総領事館
開園 1960年4月1日
運営者 横浜市
現況 24時間開放、入場無料
設備・遊具 砂場。(トイレは無い)
駐車場 無し
アクセス みなとみらい線 元町・中華街駅 徒歩3分
公式サイト 中土木事務所
テンプレートを表示
横浜市中区の横浜中華街の山下町公園、2012年1月頃の春節の様子。左側に媽祖廟が見える。

山下町公園(やましたちょうこうえん)は、神奈川県横浜市中区山下町にある都市公園(街区公園)。海に面している山下公園とは別の公園である。

横浜中華街の比較的中央部に位置し、春節双十節関帝誕などでイベント会場として使用される事があり、春節パレードではスタートおよびゴール地点として使用される[1]

歴史[編集]

  • 1862年 横浜新田として、現在の中華街一帯の造成が完了[2]
  • 1863年1月7日 中華会館が経営した施設である『同済病院』が480坪を借り受けた。これは横浜新田初の土地借用の記録である[2]
  • 1868年頃 1868年頃、劇場と料理屋を兼ねた娯楽施設である会芳楼(かいほうろう)がオープン[2]
  • 1878年頃 会芳楼が姿を消した[2]
  • 1883年 清国領事館が145番地から移転し、1911年に辛亥革命が起こるまでは清国総領事館として使用された[2]
  • 1911年 中華民国総領事館が置かれた[2]
  • 1923年9月1日 関東大震災により建物が倒壊し、総領事館は移転した[2]
  • 1925年 中華民国総領事館が一度135番地に戻った[2]
  • 1932年 中華民国総領事館が別の場所に移転した[2]
  • 1959年 会芳亭が公開[3]
  • 1960年 児童公園としてオープン[2]
  • 2000年1月頃 公園の再整備工事中、明治時代の瓦などが大量に出土した[4]
  • 2000年6月20日 公園の再整備が行われ、会芳楼にちなんだ東屋『会芳亭』が建設された[2][4]

交通[編集]

周辺[編集]

公園内施設[編集]

  • 屋根つきベンチ(会芳亭)
  • 砂場 ただし非常に小規模で夜間は施錠されている
  • 滑り台やブランコ等の遊具
  • トイレは無い
  • 狛犬石獅子中国語版) 関帝廟通り入り口に1対
  • けやきの大木 中華街のシンボルツリーと呼ばれる事があり、毎年11月頃から2月頃まで開催されるライトアップイベント"メモリアル春節燈花"でもこのけやきの大木はライトアップされる。

登場する作品[編集]

画像[編集]

出典[編集]

  1. ^ 豪華けんらん! 春節ならではのおもてなし(とことん!横浜中華街)”. シティリビングWeb. サンケイリビング新聞社 (2009年1月7日). 2015年5月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k その2 135番地には何かがある!?中華街の歴史を語る場所”. 横浜中華街 (2009年). 2020年5月10日閲覧。
  3. ^ 会芳亭の歴史”. 横浜中華街. 2020年5月10日閲覧。
  4. ^ a b その3 地中から顔を出す昔の中華街”. 横浜中華街 (2009年). 2012年12月4日閲覧。
  5. ^ 横浜セントラルタウンフェスティバル「Y156」”. 横浜中華街公式サイト. 2016年4月3日閲覧。
  6. ^ 11月16日(金)”. 2008「大決戦!超ウルトラ8兄弟」制作委員会 (2007年11月). 2020年5月10日閲覧。
  7. ^ 孤独のグルメ8 ロケ地ガイド”. 全国ロケ地ガイド. 2020年5月10日閲覧。
  8. ^ 松重豊「『毎回、同じことやってるな』と思いながら、ついつい見ちゃう。それくらいでちょうどいい」:孤独のグルメ”. TV東京. 2020年5月10日閲覧。
  9. ^ 神奈川文学年表 機関紙「神奈川近代文学館」総目次 神奈川近代文学館30年誌1984-2013(Web版)”. 神奈川近代文学館. 2020年5月10日閲覧。

外部リンク[編集]