山下洋平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
やました ようへい
山下 洋平
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 香川県
生年月日 (1979-06-02) 1979年6月2日(39歳)
血液型 O型
最終学歴 東京大学東京大学文学部言語文化学科(日本文学)
勤務局 瀬戸内海放送
職歴 瀬戸内海放送アナウンサー
2003年-)
活動期間 2003年-
ジャンル 報道・情報
公式サイト KSBパーソナリティー
出演番組・活動
現在KSBスーパーJチャンネル

山下 洋平(やました ようへい、1979年6月2日 - )は、瀬戸内海放送報道クリエイティブユニットマネジャー[1]。元同局アナウンサー

来歴・人物[編集]

  • 2003年に瀬戸内海放送へ入社(同期に岡薫)。当初は高松本社、2006年4月より数年は岡山本社に所属。
  • 2006年1月から同社が追求取材を行っている、高松市の特別老人ホームを巡る福祉と利権の構造についての検証取材では、担当記者として岡山本社所属となった後も取材を行い、テレメンタリー「福祉と利権の構造」(2006年7月)を制作。
  • 2007年9月からは高知白バイ衝突死事故の調査報道を行っていた。高知県は瀬戸内海放送の放送エリアではないが、この取材がきっかけでテレビ朝日の全国放送をはじめ週刊誌でも取り上げられ、全国的に知られるようになった。テレメンタリー「証拠が嘘をつく」(2008年3月)、「それでも、証拠は動かない」(2008年11月)を制作。

担当番組[編集]

現在

過去

書籍[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]