山下摩起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山下 摩起(やました まき[1]、1890年4月21日 - 1973年11月7日)は、日本画家兵庫県有馬町生まれ。1915年、京都市立絵画専門学校研究科卒業。1974年、兵庫県立近代美術館において「山下摩起展」が開催された[2]朝日文化賞受賞者(1960年)。本名は正直。門人に竹内栖鳳などがいる。

主な作品[編集]

  • 「溪風」(文展入選)
  • 「画室」
  • 「新美」
  • 「八潮」
  • 「音声菩薩」(東本願寺難波別院南御堂後門壁画)
  • 「弥弥」(東本願寺名古屋別院後門壁画)
  • 「雪」(六曲一双屏風)
  • 「女三態之図」[3]

脚注[編集]