山下千代雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山下千代雄

山下 千代雄(やました ちよお、1857年10月27日安政4年9月10日[1])- 1929年昭和4年)2月4日[2])は、衆議院議員自由党立憲政友会)、弁護士

経歴[編集]

出羽国米沢出身。藩校興譲館で学んだ後、司法省法学校を卒業[3]。明道館を創立し、自由民権を主張した[2]

1894年明治27年)、第3回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第4回衆議院議員総選挙でも再選された。1898年(明治31年)、第1次大隈内閣が成立すると内務省地方局長に任命されたが、内閣の崩壊とともに野に下り弁護士業務に従事した[4]

1900年(明治33年)、衆議院議員補欠選挙に当選して返り咲いた[5]。その後、第7回第8回総選挙でも当選した。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第十八回帝国議会衆議院議員名簿』(第十八回帝国議会衆議院公報第一号附録)〔1903年〕、18頁。
  2. ^ a b 『政治家人名事典』
  3. ^ 『衆議院議員略歴』
  4. ^ 『新選代議士列伝』P.200
  5. ^ 『官報』第5233号、明治33年12月10日

参考文献[編集]

  • 『新選代議士列伝』金港堂、1902年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『第一回乃至第十九回総選挙 衆議院議員略歴』衆議院事務局、1936年。