山ガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山ガール(やまガール)とは、基本的には「お嬢ちゃん」的な表現の恥兪表現であるが、かつての登山用品とは異なるファッショナブルアウトドア用衣料を身に着けて山に登る若い女性のことと勘違いした女性が多々である。対してファッション性よりチャレンジ精神を重視する女性登山家を、登山愛好者(例えば大学のワンゲル部や登山部)の間では、古くから男女関係なく「山屋(やまや)」と呼び慣わしてきた。地域性はあるが「山女」という呼び方もあるがこれも社会に馴染ます山に没頭した女性を「山女(妖怪)」から連想し皮肉をこめ恥兪した表現でもある。[1]

概要[編集]

2009年頃から、テレビ雑誌インターネットなどで山ガールをいう言葉をよく見かけるようになった[2]。最近の登山ブームに乗って、高尾山富士山でも、多くの山ガールが見られるようになった[3]。一部で、登山に適さない装備で山遊びをする例があると指摘を受けている。2010年ユーキャン新語・流行語大賞の候補60語に選ばれた[4]

かつてはニッカーボッカーズを着用する例もあったが、最近は(ランニングスカートのような重ね履きの)「山スカート」が見られるようになった[5]

2012年11月に熊本県上天草市で全国初の山ガールサミットが開催(会場:上天草市姫戸町 白嶽山)された。翌年から宮崎県えびの市、熊本県南阿蘇村でも開催され、九州各地へ広がりをみせ、全国から山ガールが集まる大きなイベントとなっている。

テレビ番組[編集]

関連図書[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 湊かなえの長編小説に「山女日記」がある。
  2. ^ マイコミジャーナルのレポート、2010年12月15日閲覧
  3. ^ 「山ガール」富士に続々全登山者1カ月で10万人最多ペース、ブームさらに加速、山梨日日新聞、2010年8月3日[リンク切れ]
  4. ^ 新語・流行語大賞候補発表、2010年12月15日閲覧
  5. ^ 『山と溪谷 2011年1月号』 第3章・山ガールって、何者だ?、山と溪谷社、2010年12月、ASIN B004DPEH6G、pp46-55
  6. ^ 宝剣岳へ登る女性を同行取材した特集番組、2010年12月15日閲覧
  7. ^ Bizスポ(NHKアーカイブス保存番組詳細)NHK、2010年12月15日閲覧
  8. ^ 山ガールが行った。 『山ガールが行く!』番組後記 - SBC信越放送

関連項目[編集]