展覧会の絵 (ELPのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
展覧会の絵
エマーソン・レイク&パーマーライブ・アルバム
リリース
録音 1971年3月26日
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間
レーベル イギリスの旗アイランド(オリジナル盤)
WEA(リイシュー盤)
アメリカ合衆国の旗アトランティック(オリジナル盤)
Rhino(リイシュー盤)
日本の旗ワーナー・パイオニア(オリジナル盤)
イーストウエスト・ジャパン→ビクター(リイシュー盤)
プロデュース グレッグ・レイク
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
ゴールド等認定
  • Silver(英国・BPI)
  • Gold(米国・RIAA))
エマーソン・レイク&パーマー 年表
タルカス
(1971)
展覧会の絵
(1971)
トリロジー
(1972)
テンプレートを表示

展覧会の絵』(てんらんかいのえ、Pictures at an Exhibition)は、イギリスにおいて1971年11月に発売されたエマーソン・レイク・アンド・パーマーライブ・アルバム

解説[編集]

原曲は、19世紀のロシアの作曲家モデスト・ムソルグスキーが作曲した同名のピアノ組曲「展覧会の絵」。原曲以外にもラヴェル等によるオーケストラ・アレンジがあり、日本の冨田勲もシンセサイザー音楽にアレンジしている。ELPによる本作はラヴェル版の編曲を元にしており、全パートではなく抜粋、それにオリジナル曲を追加した構成になっている。

このアルバムの発売経緯はかなり複雑である。1971年の1月から、ELPはセカンド・アルバム『タルカス』のリハーサルにとりかかっていた。それが終わってイギリス公演ツアーが行われ、3月26日には、イギリスのニューキャッスル・シティー・ホールで「展覧会の絵」を含むライブ録音が行われた。4月には初のアメリカ公演、そして5月には『タルカス』が発売されている。こうした流れの中で、「展覧会の絵」は、発売が未定のままだった。

だが、ELPの人気が高まるに連れて需要が高まり、2枚組の海賊盤(展覧会の絵を含むライブ)が出回る様になってしまった。事態を憂慮したELPサイドは10月になって海賊盤を市場から回収し、11月(アメリカでは翌年1月)に、展覧会の絵+アンコールのナット・ロッカー(チャイコフスキーの『くるみ割り人形』の一曲である「行進曲」をロック調にアレンジしたもの。実はB.Bumble & The Stingersが1962年に出したNut Rockerのカバー)という構成の1枚組アルバムとしてリリースした。

作り手にとって不本意な経緯で発売された本作だったが、売れ行きはすさまじく、実質的に新作とは言えない内容でありながら、本国イギリスではチャート3位(2位と記載された資料もある)、アメリカでは10位まで上昇している。

収録曲[編集]

アナログA面[編集]

  1. プロムナード - Promenade (Mussorgsky)
  2. こびと - The Gnome (Mussorgsky/Palmer)
  3. プロムナード - Promenade (Mussorgsky/Lake)
  4. 賢人 - The Sage (Lake)
    グレッグ・レイクのオリジナルであるが、原作品中の曲「ビドロ - Bydlo」のコード進行を取り入れている。
  5. 古い城 - The Old Castle (Mussorgsky/Emerson)
    「ブルーズ・ヴァリエイション」の変奏で、シンセサイザーのための導入と変奏からなる。
  6. ブルーズ・ヴァリエイション - Blues Variation (Emerson/Lake/Palmer)
    原曲の「古い城」の主題による変奏曲。ELPのオリジナルとクレジットされているが、最後から2分30秒の部分約15秒間では、ビル・エヴァンス作曲の「インタープレイ - Interplay」が引用されている。

アナログB面[編集]

  1. プロムナード - Promenade (Mussorgsky)
  2. バーバ・ヤーガの小屋 - The Hut Of Baba Yaga (Mussorgsky)
  3. バーバ・ヤーガの呪い - The Curse Of Baba Yaga (Emerson/Lake/Palmer)
    イントロは原曲の「バーバ・ヤーガの小屋 - The Hut Of Baba Yaga」の中間部のアレンジ。ヴォーカル部分の導入は「こびと - The Gnome」の引用。
  4. バーバ・ヤーガの小屋 - The Hut Of Baba Yaga (Mussorgsky)
  5. キエフの大門 - The Great Gates Of Kiev (Mussorgsky/Lake)
  6. ナットロッカー - Nut Rocker (Tchaikovsky/Fowley)

2008年デラックス・エディション[編集]

2008年には、本作の2枚組「デラックス・エディション」が発表された。ディスク1には上記の楽曲全てと、1970年ワイト島フェスティバルで演奏された「展覧会の絵メドレー」が収録され、ディスク2には同年12月9日ロンドンのライシアム・シアターで行われたライヴの音源が収録されている。

ディスク2の収録曲は以下の通り。

  1. プロムナード - Promenade (Mussorgsky)
  2. こびと - The Gnome (Mussorgsky/Palmer)
  3. プロムナード - Promenade (Mussorgsky/Lake)
  4. 賢人 - The Sage (Lake)
  5. 古い城 - The Old Castle (Mussorgsky/Emerson)
  6. ブルーズ・ヴァリエイション - Blues Variation (Emerson/Lake/Palmer)
  7. プロムナード - Promenade (Mussorgsky)
    ビデオソフト版では冒頭6音をうっかりオクターブ低い音から弾き始めているが、このディスク2では正しい音程で弾き直した音がオーバーダビングされている。そのため両方の音が不自然にずれている。
  8. バーバ・ヤーガの小屋 - The Hut Of Baba Yaga (Mussorgsky)
  9. バーバ・ヤーガの呪い - The Curse Of Baba Yaga (Emerson/Lake/Palmer)
  10. バーバ・ヤーガの小屋 - The Hut Of Baba Yaga (Mussorgsky)
  11. キエフの大門 - The Great Gates Of Kiev (Mussorgsky/Lake)
  12. 未開人 - The Barbarian (Béla Bartók, arr. Emerson, Lake & Palmer)
  13. ナイフ・エッジ - Knife Edge (Leos Janácek & J.S. Bach, arr. Emerson, lyric by Lake & Fraser)
  14. ロンド - Rondo (Dave Brubeck)
  15. ナットロッカー - Nut Rocker (Tchaikovsky/Fowley)

2010年日本盤ボーナス・トラック[編集]

  1. ロンド (ライヴ・アット・ライシアム) - Rondo (Dave Brubeck)

ビデオソフト版[編集]

1970年12月9日にライシアム・シアターで収録されたライブ・ビデオがリリースされている。基本的なアレンジは同じだが、冒頭部のプロムナードがハモンドオルガンとベースギターで演奏されている事(レコード/CDではニュー・キャッスル・シティ・ホールのパイプオルガンが使用された)を始め、何点か違いがある。また、今となっては問題視される事が多いのだが、当時は映像効果をライブ・ビデオに添加する事が多く、本ビデオにもそれが存在する。

LD版[編集]

データ上では、ライシアム・シアターでのライブということ以外は時期も不明な内容である。収録内容については

SIDE1

  1. Promenade(プロムナード)
  2. The Gnome(こびと)
  3. Promenade(プロムナード)
  4. The Sage(賢人)
  5. The Old Castle(古い城)
  6. Blues Variation(ブルース・バリエーション)

SIDE2

  1. Promenade(プロムナード)
  2. The Hot Of Baba Yaga(バーバ・ヤーガの小屋)
  3. The Couse Of Baba Yaga(バーバ・ヤーガの呪い)
  4. The Hot Of Baba Yaga(バーバ・ヤーガの小屋)
  5. The Great Gates Of Kiev(キエフの大門)

ナットロッカーが収録されていないこと以外は、アルバムと同じ内容である(アレンジについては多くの違いがある)。

下記にあるような「未開人」は収録されていない。

完全版[編集]

2006年現在では廃盤になっているようだが、「完全版」として日本でリリースされたDVD(1990年にLDで初リリース)には同じコンサートで演奏された他の曲も含まれている。

収録順:

  1. 未開人 (LDには収録されていたが、DVDには収録されなかった)
  2. 石をとれ
  3. 展覧会の絵
  4. ナイフ・エッジ~ロンド

「未開人」がDVDに収録されなかったのは、この曲の原曲であるバルトークの「アレグロ・バルバロ」の権利問題が未解決の為だとされている。LD版とDVD版の映像には一部、スィッチングやエフェクトの違いがあり、DVD版はドラム・ソロの一部がカットされた短縮編集されたものになっている。

NHK版[編集]

1973年8月6日にNHKの洋楽番組「ヤング・ミュージック・ショー」で放送された際には、1時間の放送枠に収めるため、

  1. ロンド(途中から最後まで)
  2. 未開人
  3. 石をとれ
  4. 展覧会の絵

という構成に編集されていた。

2002年DVD版[編集]

2001年にオリジナル録画が発見され、翌年のDVD化に際し映像・音声ともリマスターされた。収録は「展覧会の絵」のみ。映像は上記の「完全版」より鮮明になり、音声はPCM Stereoおよび5.1 ドルビーデジタル収録された。

特典として発売時までのグループの歴史、静止画像、ディスコグラフィーのほか全く関係のない絵画(ゴッホなど)も収録されている。

35周年版[編集]

2005年に35th Anniversary Collector's Editionとして発売されたDVDでは収録曲は相変わらず「展覧会の絵」のみだが、音声にdtsトラックが追加された。 一応特典として、オーケストラ版の「展覧会の絵」が音声のみで収録されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.93