屋台弁護士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
屋台弁護士
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 土方政人
脚本 寺田敏雄
プロデューサー 鈴木伸太郎
出演者 中村雅俊
伊東四朗
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
第1作
(金曜エンタテイメント)
放送時間 金曜エンタテイメントを参照
放送期間 2005年6月8日(1回)
オープニング 主題歌を参照
エンディング 主題歌を参照
第2 - 3作
(金曜プレステージ)
放送時間 金曜プレステージを参照
放送期間 2007年4月27日 - 2009年9月11日(2回)
エンディング 番組主題歌を参照
外部リンク 金曜プレステージ
テンプレートを表示

屋台弁護士』(やたいべんごし)は、フジテレビ系の2時間ドラマ2005年から2009年まで放送されたテレビドラマシリーズ。全3回。主演は中村雅俊

放送枠は「金曜エンタテイメント」(第1作)、「金曜プレステージ」(第2作・第3作)。

あらすじ[編集]

弁護士の村雨一郎は10年間疎遠になっていた、ラーメン屋台を営む父・村雨太郎に再会する。一郎は勤務していた弁護士事務所の解散後居場所が無くなっていたこともあり、父の屋台で出張弁護士として仕事を始める。親子2人は長年の確執を抱えながら難事件の解決に挑む。

キャスト[編集]

村雨家[編集]

村雨 一郎
演 - 中村雅俊
弁護士。弱者救済をモットーに弁護活動をしているが、過剰な弱者への思いやり故に、悪党に騙されたり、勤務する弁護士事務所では勝訴率が低く後輩弁護士にバカにされている。鬼刑事だった父・太郎からは「お前が他人に優しいのは、自分がいい人に見られたいからだ」と言われており、長年確執を抱えている。
村雨 太郎
演 - 伊東四朗
一郎の父。「横浜署の鬼太郎」の異名を持つ優秀な刑事だったが、妻・幸江の急逝後突然失踪する。その間は、四国八十八箇所巡礼の道中で出逢った、ある屋台のラーメンの味に感動し、その屋台を引き継ぎ全国を回って修行に励んでいた。
村雨 幸江
演 - 草村礼子(第1作)
一郎の母。太郎の妻。いがみ合う一郎・太郎親子の間に立つ。第1作で急逝する。
村雨 典子
演 - 大島さと子
一郎の元妻。弱者救済に力を入れるあまり貧乏のままでいる一郎の甲斐性なさに愛想を尽かし、結婚20年目の節目に三行半をつきつける。
村雨 奈津美
演 - すほうれいこ
一郎の娘。現在は大学生。典子と暮らしているが一郎とは疎遠になっておらず良好に接している。

その他[編集]

山地 啓吾
演 - 伊東孝明
一郎の後輩弁護士。典子との離婚協議で、典子側の弁護士となる。

ゲスト[編集]

第1作「熟年離婚でリストラの三流弁護士と元鬼刑事父子がラーメン屋台で事件を暴く! ラーメンスープは知っていた! 完全犯罪トリックの謎!」(2005年)
第2作「検察側の証人」(2007年)
第3作「燃える屋台! 村雨父子絶体絶命!」(2009年)

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
1 2005年6月08日 熟年離婚でリストラの三流弁護士と元鬼刑事父子がラーメン屋台で事件を暴く!
ラーメンスープは知っていた! 完全犯罪トリックの謎!
寺田敏雄 土方政人 13.5%
2 2007年4月27日 検察側の証人 13.2%
3 2009年9月11日 燃える屋台! 村雨父子絶体絶命! 10.2%

脚注[編集]

外部リンク[編集]