局所収束性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

局所収束性(きょくしょしゅうそくせい、英語: locally convergent局所的収束性)は、数値解析において初期点が最適解に十分に近いときに最適解に十分に収束すること[1]が保証された反復法である。ニュートン法のような非線形方程式英語版および非線形方程式系で使用される反復法は一般的に局所収束性だけを満たす。

任意の初期点に対して収束する反復法は大域収束性大域的収束性に分類される。線型方程式系で使用される反復法は一般的に大域収束性を満たす。

脚注[編集]

[脚注の使い方]