尾高惇忠 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
尾高 惇忠

尾高 惇忠(おだか あつただ(じゅんちゅう)、文政13年7月27日1830年9月13日) - 明治34年(1901年1月2日)は、富岡製糸場の初代場長、および日本の実業家。第一国立銀行仙台支店支配人。通称は新五郎。は藍香。

人物・来歴

武蔵国榛沢郡下手計村(現・埼玉県深谷市下手計)に生まれた[1]

渋沢栄一の義兄(栄一の妻・千代の兄)であり、尾高塾を開き、栄一に論語を教えた学問の師である。惇忠とともに振武隊を結成して飯能戦争を戦い、自決した渋沢平九郎は実弟である(平九郎は栄一の養子になり渋沢姓)。

漢学者・銀行家の尾高次郎の父である。また、郷土教育家の尾高豊作・法哲学者の尾高朝雄・東洋美術研究者の尾高鮮之助・社会学者の尾高邦雄・作曲家の尾高尚忠のそれぞれ祖父でもある。曾孫に同名の作曲家・尾高惇忠とその弟の指揮者・尾高忠明、また経済学者の尾高煌之助東京女学館短期大学学長を務めた久留都茂子がいる。

系図

尾高勝五郎
 
 
尾高惇忠
 
尾高次郎
 
 
 
 
尾高豊作
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大川鉄雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やへ
 
 
 
 
 
 
 
文子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
照子
 
 
 
 
 
尾高朝雄
 
久留都茂子
 
 
 
大川平兵衛
 
 
大川修三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高鮮之助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大川平三郎
 
 
 
 
 
尾高邦雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
みち子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高煌之助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和辻哲郎
 
 
 
 
 
京子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢栄一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高尚忠
 
 
尾高惇忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢篤二
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千代
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
節子
 
 
尾高忠明
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長岡輝子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢平九郎
 
 
 
 
 
 
倉田陽子
 
倉田澄子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大川義雄
 
大川慶次郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢敬三
 
 
 
 
 
 
 

脚注

  1. ^ 尾高惇忠とは - コトバンク