尾崎豊 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
尾崎 豊
おざき ゆたか
生年月日 (1919-01-31) 1919年1月31日
没年月日 (1979-02-26) 1979年2月26日(60歳没)

選挙区 根室支庁
当選回数 1回
在任期間 1971年 - 1975年

中標津町長
当選回数 4回
在任期間 1954年 - 1970年
テンプレートを表示

尾崎 豊(おざき ゆたか、1919年1月31日 - 1979年2月26日)は、北海道政治家である。中標津町長(4期)、北海道議会議員(1期)を務め、現中標津町の礎を築いた人物の一人である。

略歴[編集]

月形町出身。初山別村尋常高等小学校卒業

  • 1938年 弟子屈産業組合に書記として勤務
  • 1939年 標津産業組合書記
  • 1944年 標津村農業会主事、1945年同会の専務理事
  • 1948年 中標津町農業協同組合の初代参事となる。
  • 1954年 中標津町長選に立候補当選し政治家としての道を歩む。(4期14年)
  • 1970年 町長を辞して北海道議会補欠戦に臨むも落選。
  • 1971年 北海道議会議員当選
  • その後中標津町自動車学校の代表取締役社長に就任 [1]
  • 1990年7月27日 中標津空港に銅像が製作され除幕式がおこなわれた。

実績[編集]

叙勲・褒章[編集]

  • 1972年 名誉町民
  • 1979年 従六位勲五等双光5旭章、地方自治功労、名誉町民

[2]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 中標津町史1976年
  2. ^ 中標津町五十周年史1995年