尾崎健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

尾崎 健一(おざき けんいち、1926年12月6日 - 2018年11月28日)は、日本の元陸上自衛隊防衛事務官、社会保険労務士都山流尺八師範著作家

略歴[編集]

出版物[編集]

著書[編集]

関連書籍[編集]

  • 『弟尾崎豊の愛と死と』 尾崎康(著) 講談社(出版) 1994.4 ISBN 4-06-207004-9
  • 『親愛なる遥いあなたへ : 尾崎豊と分けあった日々』 尾崎繁美(著) 東京書籍(出版) 1998.5 ISBN 4-487-75408-9

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 尾崎豊さんの父が逝去していた、実家という「聖地」の今後を兄に聞く”. 週刊女性PRIME. 主婦と生活社. p. 1 (2019年9月24日). 2019年9月24日閲覧。

参考資料[編集]

  • 『尾崎豊 : 新少年時代』 リム出版新社(出版) 1994.6
  • 『尾崎豊目覚めゆく魂 : 母と子の物語』 春秋社(出版) 2001.2
  • 『尾崎豊 心の旅路 : 愛と自由を求めて』 日本文学館(出版) 2003.11

関連項目[編集]