尾崎まゆみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「尾﨑まゆみ」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

尾崎 まゆみ(おざき まゆみ、1955年1月17日 - )は、愛媛県今治市生まれの歌人。本名は檀。兵庫県神戸市在住。

愛媛県立今治西高等学校早稲田大学教育学部国語国文学科を卒業。1991年、「微熱海域」で第34回短歌研究新人賞受賞。塚本邦雄が創刊した歌誌『玲瓏』の編集委員で選者を務める。神戸新聞文芸短歌選者。

著書[編集]

歌集[編集]

  • 『微熱海峡』書肆季節社、1993年
  • 『酸つぱい月』砂子屋書房、1998年
  • 『真珠鎖骨』短歌研究社、2003年
  • 『時の孔雀』角川書店、2008年
  • 『明眉な闇』短歌研究社、2011年
  • 『綺麗な指』砂子屋書房、2013年

エッセイ[編集]

  • 『レダの靴を履いて 塚本邦雄の歌と歩く』書肆侃侃房、2019年

アンソロジー[編集]

『微熱海域』から30首、『酸つぱい月』全、エッセイ、藤原龍一郎による歌人論を収録。
  • 『尾崎まゆみ歌集』《現代短歌文庫132》砂子屋書房、2017年
『微熱海域』『真珠鎖骨』全、山中智恵子葛原妙子によるノートを収録。

脚注[編集]

[ヘルプ]