尾上丑之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
重ね扇に
抱き柏
四ツ輪

尾上 丑之助(おのえ うしのすけ)は、歌舞伎役者の名跡屋号音羽屋定紋は重ね扇に抱き柏、替紋は四ツ輪。

「尾上丑之助」は初代尾上菊五郎の後妻の連子(後の二代目尾上菊五郎)の幼名・丑之助に由来する。また今日では「尾上菊五郎」または「尾上菊之助」に先立って襲名される名跡である。

  • 四代目 尾上丑之助
    • 二代目の養子、1915–95。実父は五代目尾上菊五郎の隠し子とも、二代目自身だともいわれる。
    • 四代目尾上丑之助 → 三代目尾上菊之助 → 七代目尾上梅幸
  • 五代目 尾上丑之助
    • 四代目の長男、1942– 。
    • 五代目尾上丑之助 → 四代目尾上菊之助 → 七代目尾上菊五郎

脚註[編集]

  1. ^ 歌舞伎座「團菊祭五月大歌舞伎」初日開幕