尖沙咀駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尖沙咀駅
ホーム
ホーム
尖沙咀
チムサアチョイ
Tsim Sha Tsui
所在地 香港の旗 香港九龍油尖旺区尖沙咀彌敦道/海防道/堪富利士道/加拿分道/麽地道の交差点
所属事業者 香港鉄路有限公司
所属路線 湾線
電報略号 TST
駅構造 地下駅
ホーム 島式 1面2線
開業年月日 1979年12月16日
乗換 西鉄線尖東駅
テンプレートを表示
尖沙咀駅
各種表記
繁体字 尖沙咀站
広東語拼音 Zim1 Saa1 Zeoi2 Zaam6
広東語発音: チムサアチョイ ザム
英文 Tsim Sha Tsui Station
テンプレートを表示

尖沙咀駅(チムサアチョイえき)は、香港九龍尖沙咀にある港鉄(MTR)湾線の一つ。切符と八達通の利用者を合わせて毎日約50万人の乗客が利用する。当初は、観塘線の駅として1979年に開業した。

西鉄線2004年10月24日開設時点では東鉄線)の尖東駅は、この駅に接続している。現在は、西鉄線との間の乗り換え駅として使用されている。

利用可能な路線[編集]

駅構造[編集]

駅階層[編集]

G
地面
- 出口
L1
コンコース
コンコース サービスセンター、駅商店、恒生銀行自動券売機
自動カメラ、ATM、「e分鐘著数」機
行人隧道系統 連接尖東駅西鉄線中間道北京道
九龍公園径広東道梳士巴利道河内道
K11彌敦道麼地道尖沙咀東部
L2
ホーム
1番線 湾線方面→
島式ホーム、右側のドアが開く。
2番線 湾線中環方面

西鉄線に乗り換える乗客は、コンコースにエスカレーターで上がる必要があり、一旦MTRから、出口FまたはGを通して出なければならない。尖東駅に行くためには、それぞれ中間道または麼地道沿いの地下道を歩く。また、普通乗車券(Single journy ticket)で利用している旅客は、尖沙咀駅から尖東駅、またはその逆の乗り換えについては利用できない(個別に乗車券を求める必要がある)。八達通利用者については、片方の駅を出場後、45分以内の改札通過であれば運賃は通しで計算される仕組みとなっている。これは、両駅の連絡通路を改札内で繋ぐことが出来ない状態による措置である。

店舗と自動サービス[編集]

駅内の美心西餅
駅商店
自動サービス

出口[編集]

尖沙咀駅は、麼地道と中間道の地下道を通して尖東駅と結ばれる。両駅の出口を合わせると、その数は中環駅よりも多くなる。

出口番号 出口表示 目的地
出口A1 九龍公園 中国客運埠頭中港城広東道海港城衛生教育展覧中心香港文物探知館海防道漢口道九龍清真寺、九龍公園、新港中心港景峰皇家太平洋酒店
車椅子用エレベーター及び地面との視覚障害者用誘導路
出口A2 堪富利士道 昌興大廈、加拿分道、格蘭中心、粤海酒店、赫徳道、堪富利士道、堪富利広場、河内道、文遜大廈、職業性失聡補償管理局、宝勒巷
地上との視覚障害者用誘導路
出口B1 金馬倫道 古物古蹟弁事処加連威老道山林道君怡酒店金巴利道諾士仏台美麗華商場彌敦道、尖沙咀皇悅酒店、帝楽文娜公館、The Mira Hong Kong
出口B2 金馬倫道、漆咸道南、中大専業進修学院、香港基督教服務処、香港歴史博物館香港科学館百楽酒店、九龍華美達酒店、仕福山景酒店、尖沙咀東部(近金馬倫道)
出口C1 北京道 亜士厘道広東道香港工業総会、亜太中心、漢口道朗廷酒店楽道、力宝太陽広場、北京道
出口C2 海防道九龍清真寺九龍公園彌敦道
出口D1 加拿分道 重慶大廈、CKE購物商場、帝国酒店、美麗都大廈、麼地道彌敦道喜来登酒店
出口D2 碧仙桃路、康和里、加拿分道、赫徳道河内道香港総商会簽證部、宝勒巷、数碼城、豪峰軒
出口E 香港文化中心 香港文化中心、香港芸術館西武百貨店香港太空館海運大廈ザ・ペニンシュラ香港、彩星中心、尖沙咀天星碼頭星光行九龍酒店尖沙咀公衆碼頭キリスト教青年会
出口F 尖東駅
中間道
星光大道亜士厘道、国際電信大廈、香港洲際酒店、尖東駅(中間道)、海員倶楽部、中間道停車場、新世界中心九龍万麗酒店そごう
出口との視覚障害者用誘導路
出口G 尖東駅
麼地道
金域假日酒店、ニューワールドミレニアム香港ホテル、麗景酒店河內道、尖東駅(麼地道)、海景嘉福酒店九龍香格里拉酒店、冠華中心、半島中心、富豪九龍酒店、帝苑酒店、尖沙咀東部(近麼地道)、永安広場、尖沙咀中心
出口との視覚障害者用誘導路、尖東駅との地下道と地上とのエレベーター
出口H 国際広場 国際広場
出口R 国際広場 国際広場

交通[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

香港鉄路
湾線
金鐘駅 - 尖沙咀駅 - 佐敦駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]