少年の果て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
少年の果て
GRANRODEOシングル
初出アルバム『Pierrot Dancin'』
B面 名も無き日々
HARD DRIVING MIDNIGHT
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル Lantis
作詞・作曲 谷山紀章(作詞)
飯塚昌明(作曲)
チャート最高順位
GRANRODEO シングル 年表
TRASH CANDY
(2016年)
少年の果て
(2016年)
Glorious days
(2017年)
ミュージックビデオ
GRANRODEO / 少年の果て - short ver. - YouTube
Pierrot Dancin' 収録曲
FAT SHAPER
(10)
少年の果て
(11)
メモリーズ
(12)
テンプレートを表示

少年の果て」(しょうねんのはて)は、日本の音楽ユニットであるGRANRODEOの楽曲。ボーカルのKISHOWこと谷山紀章が作詞、ギターのe-ZUKAこと飯塚昌明が作曲しており、GRANRODEOの25枚目のシングルの表題曲として、2016年11月23日Lantisから発売された。

概要[編集]

「少年の果て」は、MBSTBS系アニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(以下『鉄血のオルフェンズ』)第2期のエンディングテーマに起用されており、少年や少年期をテーマにしたミドルテンポのロックバラードとして制作されている[3]。 今作は初回限定盤と通常盤の2種形態でのリリースとなり、前作までとは違いアニメ盤のリリースはない。GRANRODEO自身が夕方アニメのタイアップを担当するのは今作が初である。また、アニメのED主題歌を担当するのは5thシングル「HEAVEN」以来9年半ぶりである。

シングル収録内容[編集]

CDシングル[1][4]
全作詞: 谷山紀章、全作曲: 飯塚昌明
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「少年の果て」谷山紀章飯塚昌明
2.「名も無き日々」谷山紀章飯塚昌明
3.「HARD DRIVING MIDNIGHT」谷山紀章飯塚昌明
4.「少年の果て(OFF VOCAL)」谷山紀章飯塚昌明
5.「名も無き日々(OFF VOCAL)」谷山紀章飯塚昌明
6.「HARD DRIVING MIDNIGHT(OFF VOCAL)」谷山紀章飯塚昌明
合計時間:
DVD(初回限定盤のみ)[1]
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「少年の果て」(Music Clip)  

チャート[編集]

「少年の果て」のチャート(2016年)
チャート 最高
順位
出典
日本・オリコン週間CDシングルチャート 16 [2]
Billboard Japan Hot 100 25 [5]
Billboard Japan Hot Animation 7 [6]
Billboard Japan Hot Singles Sales 19 [7]
CDTV 19

オリコン週間ランキングで16位を獲得。デイリーランキングでは、11月26日付けのチャートで6位を記録した。オリコン週間ランキングでは2012年11月7日発売の「DARK SHAME」以来約4年ぶりにTOP10入りから外れ、初動売上枚数も1万枚を割った。なお、TOP15入りからも2011年11月23日発売の「愛のWarrior」以来5年ぶりに外れた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c GRANRODEO/少年の果て [CD+DVD]<初回限定盤>”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード. 2016年11月30日閲覧。
  2. ^ a b TVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期エンディング主題歌「少年の果て」【初回限定盤】|GRANRODEO”. ORICON STYLE. オリコン. 2016年12月1日閲覧。
  3. ^ “GRANRODEO、ニューシングルは「ガンダム」新シリーズの2期ED”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年8月27日). http://natalie.mu/music/news/199701 2016年11月30日閲覧。 
  4. ^ GRANRODEO/少年の果て<通常盤>”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード. 2016年11月30日閲覧。
  5. ^ Billboard Japan Hot 100 2016/12/5 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2016年12月1日閲覧。
  6. ^ Billboard Japan Hot Animation 2016/12/5 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2016年12月1日閲覧。
  7. ^ Billboard Japan Hot Singles Sales 2016/12/5 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2016年12月1日閲覧。

外部リンク[編集]