少年と犬 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
少年と犬
A Boy and His Dog
監督 L・Q・ジョーンズ
脚本 L・Q・ジョーンズ
原作 ハーラン・エリスン
少年と犬英語版
製作 アルヴィ・ムーア英語版
L・Q・ジョーンズ
出演者 ドン・ジョンソン
スザンヌ・ベントン英語版
ジェイソン・ロバーズ
ティム・マッキンタイア
音楽 ティム・マッキンタイア
撮影 ジョン・アーサー・モリル
編集 スコット・コンラッド
製作会社 LQ/JAF
配給 アメリカ合衆国の旗 LQ/JAF
公開 アメリカ合衆国の旗 1975年11月14日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

少年と犬』(しょうねんといぬ、A Boy and His Dog)は、1975年アメリカ合衆国SF映画。俳優L・Q・ジョーンズの初監督作品で[1]、出演はドン・ジョンソンスザンヌ・ベントン英語版など。原作は1969年度ネビュラ賞中長編小説部門)受賞のハーラン・エリスンによる同名小説英語版

1976年にヒューゴー賞映像部門を受賞した作品で、当時まだ若手だったジョンソンの名を世間に知らしめた作品のひとつでもある。[要出典]

日本では劇場未公開だが、DVDが発売されている[2]

ストーリー[編集]

時は2024年の近未来。核戦争により世界は荒廃し、文明社会の名残は微塵も残っていない。放射能が原因の遺伝子異変で、地上にはほぼ女性がいなくなってしまっていた。そんな世界に暮らす少年ヴィック(ドン・ジョンソン)は、飼い犬の超能力犬ブラッドと共に食料と女を探して放浪する日々。だがある日、独自の文明を築いた地下社会に住むクィラ(スザンヌ・ベントン)という少女と出会ったヴィックは、彼女を追いかけて暴徒と化した集団の銃撃戦に遭遇。命からがらクィラらと共にその場を逃れた彼は、地下壕へ隠れる。そこでクィラは、地下にある文明社会の存在をヴィックへ教える。そこには地上とは違い戦争も飢えもなく、男たちと共に多くの女性たちが暮らしていると言う。そのことを知ったヴィックは、愛犬ブラッドの忠告も聞かずに地下社会へ通じる扉を空け、地下社会へ行く。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「オフビートでエキセントリックなブラックコメディ『少年と犬』は、力強いセリフと風変わりな未来像が特徴である。」であり、33件の評論のうち高評価は76%にあたる25件で、平均点は10点満点中6.58点となっている[3]Metacriticによれば、10件の評論のうち、高評価は6件、賛否混在は4件、低評価はなく、平均点は100点満点中68点となっている[4]

出典[編集]

  1. ^ 映画 少年と犬<未> (1975)について”. allcinema. 2020年10月8日閲覧。
  2. ^ 少年と犬 [DVD]”. Amazon.co.jp. 2014年8月24日閲覧。
  3. ^ A Boy and His Dog (1975)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年10月8日閲覧。
  4. ^ A Boy and His Dog Reviews” (英語). Metacritic. 2020年10月8日閲覧。

外部リンク[編集]