小頬骨筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小頬骨筋
Musculuszygomaticusminor.png
頭頸部の筋肉。矢印の先が小頬骨筋
Zygomaticus minor muscle frontal.png
小頬骨筋の位置。赤色で示す
ラテン語 Musculus zygomaticus minor
英語 Zygomaticus minor
上唇の皮膚
作用 上唇を後上方に引き上げる
アナトモグラフィー 三次元CG
テンプレートを表示

小頬骨筋(しょうきょうこつきん)は人間の頭部の浅頭筋のうち、口唇周囲にかけての口筋のなかで上唇を後上方に引き上げる働きをする筋肉である。筋肉の一方が皮膚で終わっている皮筋である。

人間において、小頬骨筋の起始は頬骨弓中央部外側面のやや前内側より起こる。

画像[編集]

関連項目[編集]