小野蕪子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小野 蕪子(おの ぶし、1888年7月2日 - 1943年2月1日)は、大正から昭和初期に活動した日本俳人。本名は小野賢一郎

生涯[編集]

福岡県遠賀郡蘆屋村(現芦屋町)生まれ。16歳で小学校準教員検定試験に合格、代用教員となる。

1908年大阪毎日新聞経営の毎日電報社に入社し、記者となった。連載記事「萬龍物語」を執筆し、文名を上げた。毎日電報は1911年に東京日日新聞社に吸収され(毎日新聞を参照)、同紙に連載小説「溝」(1911年)「蛇紋」(1912年)などを書いた。この頃は谷崎潤一郎の遊び相手の一人であり、小説家への転身も考えたが、上司に諌められ、新聞社に留まった。勤続26年、その間永く社会部長を勤めた。この間、1919年に欧米を旅行。

俳句は原石鼎の指導を受け、1918年「草汁」創刊。1927年「虎杖」選者となり1929年鶏頭陣」と改題、主宰。「健康なる俳句」を唱えた。
陶芸・古美術評論家としても知られ、『陶芸全集』を刊行した。

1935年、妻多枝が逝去[1]1938年、当時社団法人だった日本放送協会に迎えられて文芸部長となる。1941年、同業務局次長兼企画部長に就任。第二次世界大戦中は、日本俳句作家協会の常任理事、後に日本文学報国会俳句部会の審査委員を務めた[2]1943年に54歳で死去した[3]

新興俳句弾圧事件[編集]

新興俳句運動プロレタリア俳句運動などに対する新興俳句弾圧事件京大俳句事件)の黒幕、あるいは特高警察への密告者とされる。戦後になって水原秋櫻子中村草田男など多くの俳人が、小野から「特高のブラックリストを見た」などと恫喝されていたことが明らかになった[4][5]。小野は自分が俳壇の主導権をとろうとして、草田男に「自分が逮捕状を預かっているから、きみはおとなしくするがよい」と発言した。

出典[編集]

  1. ^ 『仏魔抄』p296。
  2. ^ 田島和生『新興俳人の群像「京大俳句」の光と影』思文閣出版 207-211頁
  3. ^ 川名大『現代俳句大事典』三省堂など
  4. ^ 村山古郷『石田波郷伝』角川書店
  5. ^ 山本健吉『日本文学小辞典』新潮社

俳句作品[編集]

  • 日本は南進すべし芋植うる(日本文学報国会編『俳句年鑑』収載)
  • エレベーターに相天上す御慶かな(『現代俳句集』収載)

著書[編集]

多くは国会図書館デジタルコレクション[1]で公開

  • 小説『溝』 (春陽堂、1912年)
  • 女十篇・恋十篇(民声社、1915年)
  • 女、女、女(興成館、1915年)  - 「恋の照葉」「美妓萬龍」「東京の女」など
  • 水の流れと(実業の世界社、1916年)
  • 世界のぞ記(正報社、1919年)
  • 洋行茶話(正報社、1920年)
  • 明治・大正・昭和(1929年)
  • 奥村五百子(先進社、1930年)
  • 国宝巡礼記(私家版、1932年)
  • 仏魔抄(双雅房、1935年)
  • やきもの読本(宝雲舎、1938年)
  • 句集『松籟集』(私家版、1935年)
  • 句集『雲煙供養』(宝雲舎、1941年3月)
編著
  • 陶器全集(25巻、民友社、陶器全集刊行会、1931-1933年)和装本

外部リンク[編集]