小野留嘉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小野 留嘉(おの とめよし、1900年11月10日 - 1987年5月31日)は、国営競馬ならびに日本中央競馬会 (JRA) の騎手で、京都競馬場栗東トレーニングセンターに所属していた調教師

略歴[編集]

北海道小樽市出身、1928年相羽仙一厩舎の騎手見習となり、1930年騎手となるが、1938年にいったん騎手を廃業している。

戦後、繋駕速歩競走の復活に備え、1954年に助手として鈴木甚吉厩舎に復帰し、翌1955年3月1日に速歩競走の騎手免許を再取得した。当時54歳であった。

その後は、大久保亀治厩舎の所属となり、中央競馬で速歩競走が廃止される1968年まで騎手を務め、1969年より調教師へ転向した。なお、引退年度の1968年は騎乗記録なし。騎手引退時の年齢は68歳で、速歩競馬の騎手とは言え、高齢まで現役を続けた騎手であった。

調教師では、初年度の1969年にCBC賞をアトラスで勝つなど、通算204勝を挙げたが、1987年に87歳で死去した。当時は定年制実施前のため、最後まで現役調教師であった。

成績[編集]

騎手成績[編集]

  • 53勝(中央競馬となった1954年以降の記録)

調教師成績[編集]

  • JRA通算 2190戦204勝

主な厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

  • 武宏平(1968年-1969年 調教助手)
  • 牧野三雄(1974年-1975年 騎手)

参考文献[編集]

  • 「日本調教師・騎手名鑑 1961年版」(日本調教師・騎手名鑑刊行会、井上康文、1961年)

関連項目[編集]