小野寺重之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小野寺 重之(おのでら しげゆき、1947年10月24日 - )は、日本社会人野球選手(外野手)、元Jリーグ柏レイソル社長。宮城県生まれ。

人物[編集]

気仙沼市出身。 宮城県気仙沼高校では1965年、夏の東北大会県予選準決勝に進むが古川工業に敗退。甲子園には出場できなかった。卒業後は明治大学に進学。名将島岡吉郎監督の指導を受ける。東京六大学リーグでは1969年春季リーグで8年振りに優勝。同年の全日本大学野球選手権大会では東海大上田二郎投手に抑えられ、2回戦敗退。外野手としてベストナインに2回選出されている。大学同期にエースの古屋英雄(日本鋼管)、二塁手倉田晃がいる。


1970年日立製作所入社後は同社野球部都市対抗野球大会に5年連続出場。1973年大会では四番打者として、エース佐藤博を擁し勝ち進む。しかし日本鋼管との準決勝では投手陣が打ち崩され、大学同期の古屋と上岡誠二の継投に屈し大敗。1971年1972年社会人ベストナイン外野手部門に選ばれている


日立製作所から日立建設設計を経て、2003年3月に柏レイソルを運営する日立柏レイソルの社長に就任。2年連続の入れ替え戦の末にJ2降格が決まった2005年シーズン終了後はサポーターから辞任を求める声も出ていたが、「チームを建て直し、1年でJ1に戻すことが私の責任」と語り、2006年も社長職を務める。結果、公約どおり1年でのJ1復帰を果たした。

2007年3月末をもって日立柏レイソルの社長を退任。

降格決定時の挨拶では、スタジアム全体から「辞めろ」コールを浴びたが、レイソルのJ1復帰後の退任時には、試合後に社長コールと選手らの胴上げで送られた。 短期間にクラブの地獄と天国の両方を経験した社長と言える。

明治大学野球部の1年先輩である星野仙一と交友がある。


経歴[編集]

  • みなと気仙沼大使

外部リンク[編集]