小野寺悦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小野寺 悦子(おのでら えつこ、1942年 - )は、日本詩人童話作家岩手県盛岡市出身、在住。

来歴[編集]

盛岡で生まれ、県北、沿岸と岩手県内を転々とし戦後水沢へ。岩手県立水沢高等学校卒。放送会社勤務後、創作活動に入る。1994年、『これこれおひさま』(のら書店)で、第42回産経児童出版文化賞推薦受賞。

ウォルター・デ・ラ・メアの『ピーコック・パイ』や、岸田衿子の『へんなかくれんぼ』に影響を受ける[1]

作品リスト[編集]

  • ねんねどこなの(1976)
  • ピアノとおじさん(1981)
  • あわてんぼうの魔女(1985)
  • レモンあそび 小野寺悦子少年詩集(1985)
  • あわて山の大男ハチマント(1987)
  • 子うさぎララのぼうけん(1989)
  • あしたまほうになあれ(1989)
  • ふわり大おとこ(1990)
  • 小さなおばけのリンゴちゃん(1990)
  • まじょさんまたあした(1991)
  • のねずみのちびすけ(1993)
  • これこれおひさま(1994)
  • まじょさんまたあした(1997)
  • 小野寺悦子詩集(2004)
  • つららがぽーっとん(2009)

脚注[編集]

  1. ^ vol.1 詩・童話作家 小野寺悦子さん(2011年8月21日閲覧)