小野厚徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小野 厚徳(おの あつのり 1961年2月21日 - /本名同じ)は、日本のナレーターリポーター、MC、フリーアナウンサー。岐阜県岐阜市出身。仕事により、小野 裕史(おの ゆうじ)、小野 裕士(おの ゆうじ)の別名を持つ。

主な経歴[編集]

ナレーターデビューは、フジテレビの笑っていいとも!増刊号

フォーミュラ1MotoGP鈴鹿8時間耐久レース等モーターレースの各メインステージの顔としてMCなどを長年務めた後、ブルームバーグテレビジョンの開局時からのアンカーマンの一人、ショップチャンネル(ジュピター・ショップチャンネル)のキャスト(番組を司会進行しながら、売り上げを立てる役職)を経るなどし、2012年4月からはアナウンサー業務に並行して動画の制作・活用コンサル活動も展開。ビジネスの世界でツールとして活用される、いわゆる〝ビジネス動画”の世界では草分け的存在である。24時間型TV通販チャンネルとビジネス動画、それぞれに黎明期から関わり続けている経験値と、そこで培った訴求ノウハウを広く活用して、動画販促ツールおよび動画取説の活用の有効性を提唱。この分野で、積極的にコンサル活動を推し進めつつ、出演やナレーションに留まらず、制作の統括までをもこなすという独自分野を築いている。

鉄道各社各線の接近放送の声を、1980年代後半から担当することでも知られる。

血液型はB型。

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

その他[編集]

ビジネス動画[編集]

  • Yahoo!、富士通、NTTデータ、京セラ、NEC、ジョンソンコントロールズ、グレイステクノロジー、ソリトン、コンカー、日経BP、日経QUICK、ビジネスブレイクスルー、アイティメディア、東京海上日動、JX日鉱日石エネルギー、大塚商会、KYB、あずさ監査法人、アビームコンサルティング、セールスフォース、日立ALOKA、ADOBE、日立、さとふる、総務省、日本精工、ミロク、旭硝子、JFEホールディングス、ヤマト運輸、コニカミノルタ、日本化薬、九州大学、防災対策機構、DELL、UQ、1stホールディングス、オムロン、フランクリンコヴィー、イグアス、トランス・コスモス、インフォマート、ぺんてる、リンクスセキュア、石垣、au、マイクロソフト、オラクル、Google、シトリックス、日立製作所、AJS、タカギ冷機、共信コミュニケーションズ、朝日インタラクティブ、プリベント少額短期保険、三井住友海上プライマリー生命、ディスコ、・・・ほか

公共アナウンス[編集]

外部リンク[編集]

https://24voiceono.wixsite.com/website