小野兼弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小野 兼弘(おの かねひろ、1953年4月18日 - 2007年4月18日)は日本の宗教家宗教団体釈尊会」の会長。日印文化交流協会会長。岡山県出身。

人物[編集]

日蓮宗系の仏教団体を主宰していた父親の影響で幼少の頃から法華経の修行を行い、立正高校在学中には池上本門寺に日参行を行った。1970年秋、霊鷲山山頂で祈祷中に釈尊との親子の情を感じ、1982年岡山県倉敷市児島で釈尊会を立ち上げた。

2003年9月に女優若村麻由美と結婚[1]。また同じ頃、渡辺謙の元妻に4億5000万円を貸したとして、離婚裁判にも顔を出すなど、共に話題を呼んだ。酒と甘い物を好み、料理が足りないときは栗金団の缶詰を持参して付け足すことで有名で、スキンヘッドで180kgという巨体だった。

2007年2月ごろから体調を崩し、同年4月18日午後4時54分に肝不全のため54歳で死去[2]。岡山市の東山宝樹霊苑に埋葬される。

経歴[編集]

  • 立正大学仏教学部卒業、同大学院修士課程修了。
  • 1982年 釈尊会を立ち上げる。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 若村麻由美さんが結婚 お相手は宗教法人会長”. 47NEWS (2004年2月26日). 2012年9月8日閲覧。
  2. ^ 小野兼弘氏死去 宗教法人釈尊会会長”. 47NEWS (2007年4月20日). 2012年9月8日閲覧。