小諸・藤村文学賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小諸・藤村文学賞
(こもろとうそんぶんがくしょう)
受賞対象 エッセイ
日本の旗 日本
授与者 小諸市と小諸市教育委員会
初回 1992年
最新回 2016年
公式サイト 小諸・藤村文学賞 小諸市オフィシャルサイト

小諸・藤村文学賞(こもろとうそんぶんがくしょう)は、日本文学賞

概要[編集]

長野県小諸市島崎藤村の生誕120年、没後50年を記念して、1992年平成4年)に創設した[1][2]。小諸市と小諸市教育委員会が主催している[1][2][3]。小諸市文化協会と小諸市立藤村記念館が共催している[1]文化庁長野県長野県教育委員会明治学院大学毎日新聞社などが後援している[1]。募集される作品のジャンルは、エッセイに限られている。題材・テーマは自由で、小諸や藤村に関わりがなくてもよい[1]。19歳以上の社会人を対象とする一般の部、高校生を対象とする高校生の部、中学生を対象とする中学生の部に分けて募集されている[1][4]。規定枚数は、一般の部は400字詰め原稿用紙10枚程度(上限11枚)、高校生・中学生の部はそれぞれ5枚程度(上限6枚)とされている[1]。各部とも、最優秀賞1名、優秀賞2名、佳作若干名が選ばれる[1]。応募総数は毎年二千を上まわり、入選作品の一部は、小諸市のオフィシャルサイトで閲覧することができる。第3回受賞の柳谷郁子は、第14回大阪女性文芸賞を受賞[5]、また、第18回受賞の森水陽一郎は、第18回小野十三郎賞を受賞している。

選考委員[編集]

2017年現在
  • 山口泉(作家)
  • 河合桃子(編集者)
  • 新井正彦(文学研究者・江戸川大学教授)
  • 江尻潔(詩人・美術館学芸員)

過去の選考委員

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]