小角舌筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小角舌筋
Gray1019.png
Extrinsic muscles of the tongue. Left side.
ラテン語 musculus chondroglossus
英語 Chondroglossus
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
舌骨小角
作用 舌骨舌筋が舌を下げる運動の補助
テンプレートを表示

小角舌筋(しょうかくぜつきん)は外舌筋の一つ。小角舌筋を外舌筋とするかどうかは議論があり[1]舌骨舌筋の一部とされることもあるが、オトガイ舌筋の繊維で分割されており、起始や方向も舌骨舌筋とは全く異なるとされる[2]。小角舌筋が存在しない場合もあるが、およそ80%以上の例で存在が報告されている[3][1]

約2cmの長さで、 舌骨小角の内側および基部にて起こり、舌骨骨体の一部と接し、舌骨舌筋とオトガイ舌筋の間で、内舌筋繊維と混じる。

舌下神経の枝に支配されている[2]

追加画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 児玉ら
  2. ^ a b 緒方ら(2002)
  3. ^ 緒方ら(2000)

参考文献[編集]