小菅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 葛飾区 > 小菅
小菅
—  町丁  —
東京拘置所
小菅の位置(東京23区内)
小菅
小菅
小菅の位置
座標: 北緯35度45分11.92秒 東経139度49分19.91秒 / 北緯35.7533111度 東経139.8221972度 / 35.7533111; 139.8221972
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Katsushika-ku, Tokyo.svg 葛飾区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 11,971人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 124-0001[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

小菅(こすげ)は、東京都葛飾区北西部の町名である。現行行政地名は小菅一丁目から四丁目。住居表示実施済み区域である。郵便番号は124-0001[2]

地理[編集]

荒川の東岸に位置し、対岸は足立区になる。西側の小菅一丁目と東側の小菅二、三丁目の間には綾瀬川が南北に流れている。

北端も足立区との区境であるが、複雑に入り組んでいるのはもとあった隅田川の旧流路に従ったからとされる。北で足立区綾瀬及び西綾瀬、東・南で堀切と、北西で足立区足立と、西では荒川を挟んで足立区日ノ出町柳原と隣接する。

町の中心を東西に横切るのは旧水戸街道であり、綾瀬川にかかる「水戸橋」はこれにちなんだ名である。また、南東から北西にかけて東京都道308号千住小松川葛西沖線(平和橋通り)が通っている。東京拘置所がある。 隣接する足立区足立にある東武伊勢崎線小菅駅付近を含めた地域全体を駅名に基づく汎称地名として小菅と呼ぶ場合がある。

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)の公示地価によれば、小菅4-5-11の地点で41万1000円/m2となっている。葛飾区で最も地価が高い。[4]

歴史[編集]

大政奉還後の1869年明治2年)1月、関東郡代伊奈氏の屋敷跡(その後、一時将軍鷹狩りの休憩地「小菅御殿」となっていた)に県庁を置き、小菅県が誕生した。これは現在の東京都足立区葛飾区江戸川区埼玉県千葉県の各一部などを含む広大な土地であったが、当時はまだ全国にも混在していた時期で、1871年(明治4年)11月には廃藩置県に伴って小菅県は廃止され、周辺は東京府南葛飾郡に属することとなった。

県庁跡地は約10年間煉瓦工場となった後、小菅監獄(小菅刑務所を経て、現在の東京拘置所)となった。

1889年(明治22年)の市制町村制に伴い、小菅は南綾瀬村に属し(1928年昭和3年)に南綾瀬町に昇格)、1932年(昭和7年)に葛飾区の設置に伴い小菅町となった。住居表示の実施により旧上千葉町の一部を小菅四丁目として編入し、現在の姿になった。

現在の東京都下水道局小菅水再生センター(下水処理場)は1967年(昭和42年)に着工、操業開始は1977年(昭和52年)である。

当地区を通る首都高速中央環状線が開通したのは1982年(昭和57年)であり、3年後の1985年(昭和60年)1月には首都高速6号三郷線が開通し、同時に小菅ジャンクションの供用が開始された。

地名の由来[編集]

元は千葉袋(ちばぶくろ)と呼ばれる地域の一部。千葉氏の大須賀一族が移り住み、小菅氏が治めた事がいわれとされる。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
小菅一丁目 2,357世帯 4,286人
小菅二丁目 1,627世帯 2,983人
小菅三丁目 1,090世帯 1,955人
小菅四丁目 1,656世帯 2,747人
6,730世帯 11,971人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5][6]

丁目 番地 小学校 中学校
小菅一丁目 全域 葛飾区立西小菅小学校 葛飾区立綾瀬中学校
小菅二丁目 全域 葛飾区立こすげ小学校
小菅三丁目 全域
小菅四丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

以下の鉄道駅も近い。

道路[編集]

施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 葛飾区の世帯と人口”. 葛飾区 (2017年12月1日). 2017年12月18日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月18日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 葛飾区小学校通学区域一覧”. 葛飾区 (2015年12月16日). 2017年12月18日閲覧。
  6. ^ 葛飾区中学校通学区域一覧”. 葛飾区 (2015年12月16日). 2017年12月18日閲覧。