小網町停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小網町駅から転送)
移動先: 案内検索
小網町停留場
停留場の様子
停留場の様子
こあみちょう - Koami-cho
M13 土橋 (0.2km)
(0.3km) 天満町 M15
所在地 広島市中区堺町二丁目
駅番号 M14
所属事業者 広島電鉄
所属路線 本線
キロ程 3.6km(広島駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1912年(大正元年)12月8日
テンプレートを表示

小網町停留場(こあみちょうていりゅうじょう、小網町電停)は、広島市中区堺町二丁目にある広島電鉄本線路面電車停留場道が狭いため観音町停留場から小網町停留場までは、時速30kmで走行する[要出典]

歴史[編集]

小網町停留場は1912年(大正元年)12月、本線が櫓下(現在の原爆ドーム前停留場)から己斐(現在の広電西広島駅)まで開通し、営業を開始した際に開設された。太平洋戦争下の1944年(昭和19年)からは休止されたが、原爆投下後の路線復旧に合わせて、1945年(昭和20年)8月15日に営業を再開している[1]

隣の土橋停留場とは200メートルほどと近く、後述の通り停留場の構造が簡素であることから、一時は廃止が検討されたことがあった[2]

構造[編集]

旧電停名標 全国共通仕様であった

本線はほぼすべての区間で道路上に軌道が敷かれた併用軌道で、当停留場も道路上に乗り場が置かれている。ただし当停留場付近は道幅が狭く、軌道の両脇とも1車線分しか幅がないために安全地帯が設けられず、道路上に白線を引いて乗り場としている[2][4]。このようなホームのない平面停留場は広島電鉄では唯一である[2]。車内放送でも平面停留場である旨が伝えられ、また注意が呼びかけられている(外部リンク先も参照)。

乗り場は上下2面あり、2本の線路を挟み込むように向かい合わせに配置されている(相対式)。線路の北側に広島駅方面へ向かう上りの乗り場が、南側に広電西広島駅方面へ向かう下りの乗り場がある[5]。上りの乗り場側には掲示物の適切な掲示場所がないため、下りの乗り場側にある電柱に上下両方面の時刻表や、電停名標、路線図を掲示している。

運行系統[編集]

本線には広島電鉄が運行するすべての系統が乗り入れているが、このうち当停留場には2号線、3号線、それに0号線が乗り入れる。

上り乗り場 0号線 日赤病院前ゆき・広電前ゆき
2号線 広島駅ゆき
3号線 宇品二丁目ゆき 朝時間帯は広島港ゆき
下り乗り場 2号線 広電宮島口ゆき
2号線3号線 広電西広島ゆき

周辺[編集]

停留場のすぐ西には天満川が流れ、本線は広電天満橋にて渡河する。この橋は広島電鉄で唯一現存する電車専用橋である[2]

隣の停留場[編集]

広島電鉄
本線
土橋停留場 (M13) - 小網町停留場 (M14) - 天満町停留場 (M15)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 長船友則 『広電が走る街 今昔』 JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年、150-157頁。ISBN 4-533-05986-4
  2. ^ a b c d 長船友則 『広電が走る街 今昔』 JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年、58-59頁。ISBN 4-533-05986-4
  3. ^ 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』11 中国四国、新潮社2009年、37頁。ISBN 978-4-10-790029-6
  4. ^ 川島令三全国鉄道事情大研究』中国篇 2、草思社2009年、104頁。ISBN 978-4-7942-1711-0
  5. ^ 川島令三 『山陽・山陰ライン 全線・全駅・全配線』第7巻 広島エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2012年、13・77頁。ISBN 978-4-06-295157-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]