小網屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社小網屋[1]
KOAMIYA
小網屋後期ロゴ「丸小マーク」
小網屋後期ロゴ「丸小マーク」
種類 株式会社
本社所在地 300-0033
茨城県土浦市川口1丁目1-32[1]
設立 1951年(昭和26年)4月[1]
業種 小売業
事業内容 百貨店[2]
資本金 4000万円[1]
関係する人物 小網 宝作(初代社長)
特記事項:2001年(平成13年)8月23日倒産
テンプレートを表示
小網屋土浦本店兼本社(1980年代前半期)

小網屋(こあみや)は、茨城県土浦市にかつて存在した日本の百貨店

歴史・概要[編集]

1912年大正元年)に個人で呉服販売業を開業し[1]1951年(昭和26年)4月に法人化して[1]、同年に小網屋ショッピングデパートを開店した[3]地場資本の老舗百貨店で土浦駅前に店舗を構えていた[2]

1963年(昭和38年)に茨城県龍ケ崎市米町に出店した小網屋竜ヶ崎店を1969年(昭和44年)11月、横町に自社が設立した竜ヶ崎ショッピングセンターに移転という形でスーパーマーケットのカスミストアー(現在のカスミ)と、当時土浦店にあった森永エンゼル食堂(のちにレストラン森永)の2店と共に核店舗として出店した。その後は1980年頃に改装をし、リニューアルオープンしたが、1995年頃に閉店。その後1998年に解体され、跡地に現在は常陽銀行竜崎支店が移転して営業している。

1990年(平成2年)に茨城県岩井市(現在の坂東市)岩井に開業したショッピングセンタープリオ101にスーパーマーケットのカスミと共に核店舗として出店する[4]などして多店化も図ったが、プリオ101の近隣に1996年(平成8年)以降相次いで大型店が出店したために撤退に追い込まれ[4]1997年(平成9年)10月には土浦駅前の再開発ビルウララがイトーヨーカドー土浦店を核店舗として開業して競争が激化したため[2]1999年(平成11年)2月21日に本店を閉店して[1]百貨店事業から撤退し[5]2001年(平成13年)8月23日に約59.55億円の負債をかかえて水戸地方裁判所土浦支部へ特別清算開始を申立て倒産した[1]

土浦本店の現況は高層マンションである[6]。岩井店のショッピングセンタープリオ101は2006年(平成18年)12月末に閉鎖された[4]。竜ヶ崎店は解体され現在は常陽銀行である。水海道店は1995年に建て替え工事を行い、カスミだけの店舗になったがその後カスミも撤退した。

なお、1982年(昭和57年)9月開業した土浦市内の土浦ショッピングプラザ(ピアタウン)の核店舗の一つとして営業していた小網屋[7]は別法人(株)マルコピアタウン小網屋[8]が運営していたが、2012年(平成24年)1月10日に閉店した[9]

経営理念[編集]

かつて小網屋には、「小網屋理念並びに小網屋合言葉」という経営理念があった。開店前の朝礼で社員は御唱和していた。台詞は、 「顧客第一真心奉仕。『小網屋理念、並びに小網屋合言葉』御唱和ください。接客は親切・明朗・迅速。」となっている。

かつて存在した店舗[編集]

  • 土浦店(オープン当時は総合衣料のデパート小網屋川口店)
  • オレンジこあみや
  • 衣料の店小網屋
  • 本町店(のちに、オレンジこあみやへ)
  • 寝具の小網屋
  • 竜ヶ崎店
  • 水海道店
  • ピアタウン店(オープン当時はマナベ店)
  • 小網屋 ジル
  • 岩井店

沿革[編集]

  • 1912年大正元年)- 呉服販売業として創業[1]
  • 1951年(昭和26年)
    • 4月 - 法人化[1]
    • 小網屋ショッピングデパートを開店[3]
  • 1960年(昭和35年)- 小網屋ショッピングデパートを土浦川口店としてリニューアルオープン
  • 1963年(昭和38年)11月 - 茨城県龍ケ崎市に出店
  • 1967年(昭和42年)- 土浦川口店を増築し、土浦本店としてリニューアルオープン
  • 1968年(昭和43年)- 茨城県水海道市に出店
  • 1969年(昭和44年)- 竜ヶ崎ショッピングセンターを設立し、かつて米町にあった竜ヶ崎店が移転オープン
  • 1974年(昭和49年)- 土浦本店を大改装し土浦店としてリニューアルオープン
  • 1981年(昭和56年)- 土浦店を都市型百貨店として新装開店
  • 1982年(昭和57年)9月 - 茨城県土浦市のショッピングセンター土浦ショッピングプラザ(ピアタウン)に出店[7]
  • 1985年(昭和60年)- 土浦駅ビルWINGに「小網屋 ジル」を出店
  • 1990年(平成2年)- 茨城県岩井市のショッピングセンタープリオ101に出店[4]
  • 1999年(平成11年)2月21日 - 本店閉鎖[1]
  • 2001年(平成13年)8月23日 - 水戸地方裁判所土浦支部へ特別清算開始を申立て、事実上倒産[1]
  • 2012年(平成24年)1月10日 - 土浦ショッピングプラザ(ピアタウン)の店舗を閉鎖[9]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 倒産速報 (株)小網屋 (Report). 東京商工リサーチ. (2001-8-24). 
  2. ^ a b c “まちづくりの選択 03土浦市長選 第3回 中心市街地活性化(上)”. 常陽新聞 (常陽新聞新社). (2003年10月23日) 
  3. ^ a b “中心市街地の活性化に向けて-県内主要都市の現状と方向性-”. 常陽アーク 2012年6月号 (財団法人常陽地域研究センター). (2012-6). 
  4. ^ a b c d “核店舗撤退で経営困難に 坂東のSC「プリオ101」今月末閉鎖”. 茨城新聞 (茨城新聞社). (2006年12月24日) 
  5. ^ “丸井が土浦店を閉鎖”. 日経MJ (日本経済新聞社). (2003年7月31日) 
  6. ^ “土浦京成ホテル 営業不振、閉鎖 来年3月”. 産経新聞 (産経新聞社). (2006年10月23日) 
  7. ^ a b 市町村合併ケーススタディ事業 土浦市・石岡市・霞ヶ浦町・八郷町・千代田町・新治村 調査報告書 (Report). 茨城県総務部地方課. (2002-3). 
  8. ^ “女性会通信”. 土浦商工会議所会報 No.503 (土浦商工会議所). (2010-11). 
  9. ^ a b ピアタウン KOAMIYA”. 土浦ショッピングプラザ ピアタウン. 2012年6月29日閲覧。