小簾紅園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小簾紅園

小簾紅園(おずこうえん)は、岐阜県瑞穂市にある公園、史跡である。

1861年文久元年)、孝明天皇の妹である皇女和宮徳川家茂の元に嫁ぐために、中山道で江戸に下った折、旧暦10月26日、呂久川(揖斐川)の呂久の渡しを利用した際に、

「落ちて行く 身と知りながら もみじばの 人なつかしく こがれこそすれ」

の和歌を詠んだという。このことを記念し、1929年(昭和4年)4月26日に開園する。

概況[編集]

  • 和宮が詠んだ和歌の歌碑(東伏見宮妃周子の筆)を中心に日本庭園として整備されている。楓を中心に多くの樹木が植えられ、紅葉の名所である。
  • 和宮の遺徳を偲び、毎年4月26日には神式による小祭、10月26日には仏式による大祭が行われている。1976年(昭和51年)10月の大祭は皇女和宮百年祭として、秩父宮妃勢津子をお招きして行われている。
  • 公園は1970年(昭和45年)、巣南町(現・瑞穂市)の指定史跡となる。

呂久の渡し[編集]

  • この地にはかつて呂久川(揖斐川)が流れ、1580年天正8年)に織田信忠により呂久の渡しが開設される。この呂久の渡しは江戸時代には中山道の渡船になっている。
  • 1861年(文久元年)、公武合体のために皇女和宮が徳川家茂の元に嫁ぐために、中山道で江戸に下ったさい、旧暦10月26日に呂久の渡しで呂久川を渡る。このさい、警護を行った大垣藩は御座船10隻を艤装し、和宮の旅情を慰めたという。御座船の玉簾の中から対岸(東)の馬淵家の庭の紅葉したを見た和宮は、その美しさに「落ちて行く 身と知りながら もみじばの 人なつかしく こがれこそすれ」の和歌を詠む。
  • 1925年(大正14年)に呂久の渡しは、河川改修工事により川の流れが直線化され、揖斐川が東へ300mへ移動したため廃止となったが、この和宮の遺徳を偲び、この呂久の渡しの跡地を中心に、和宮が見た楓の庭を含めた地域を公園にする計画が持ち上がる。これが小簾紅園となる。

所在地[編集]

  • 岐阜県瑞穂市呂久
瑞穂市内では呂久地区のみ、揖斐川の西岸に位置する。

交通[編集]

座標: 北緯35度23分24秒 東経136度38分19秒