小笠原貞信 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小笠原貞信(おがさわら ていしん、1853年嘉永6年)2月 - 1903年明治36年)2月18日)は、福島県出身の法律家、衆議院議員2期(第2回第3回)。福島民報初代社長。

略歴[編集]

  • 二本松藩藩士小笠原是馬助の養子
  • 1875年(明治8年)、上京
  • 1876年(明治9年)9月、司法省法学校に第2期生として入学
  • 1884年(明治17年)7月、修業年限8年(予科4年、本科4年)を終え、法律学士の称号を得る。検事試補となり、千葉始審裁判所詰め
  • 1885年(明治18年)12月、検事に任命される
  • 1886年(明治19年)5月、判事に任命され、仙台始審裁判所詰め
  • 1887年(明治20年)2月、公証人登用試験委員を命じられる
  • 同年12月、官を辞す
  • 1888年(明治21年)1月、福島町にて代言業を開業

参考文献[編集]

関連項目[編集]