小笠原美都子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小笠原 美都子(おがさわら みつこ、1920年(大正9年)3月25日 - 2019年(令和元年)7月25日[1])は、高知県長岡郡大豊町出身の歌手。日朝音楽芸術交流会名誉会長。

経歴[編集]

昭和10年(1935年)、15歳の時に上京し歌を学んだ後、昭和15年(1940年)9月、20歳の時に「花嫁蝋人形」という歌でテイチクレコードよりデビュー。東海林太郎と吹き込んだ「琵琶湖哀歌」は、昭和16年(1941年)4月6日に琵琶湖で起こった第四高等学校漕艇部(現金沢大学)の部員11人の悲惨な遭難事故を悼んで作られた歌である(メロデーは、『琵琶湖周航の歌』を基にして作られて居る)。その年6月にレコードは発売されてヒットし現在でも歌い継がれている。また、同年10月に発表した「十三夜」は、戦後、榎本美佐江にカヴァーされた。他に東海林太郎とのデュエット「九段のさくら」等、テイチクで計二百曲程吹き込んで居る。

80年代には日朝音楽芸術交流会会長に就任し、朝鮮の国際音楽祭などで活躍するなど、朝鮮と中国の友好活動でも知られている。朝鮮国内ではその功績を讃えられ度々表彰されて居る。2000年には最高人民会議常任委員会から「親善第一級」の勲章を受けた。2014年まで日朝音楽芸術交流会会長を務めた。 近年でも、テレビ東京の「昭和歌謡大全集」に出演するなど健康的な姿を見せていた。 2013年2月 92歳ながら、堺市サンスクエア堺の大ホールで、朝鮮学校支援のチャリティーコンサート「歌はわが華」を周囲の支援で開催し、朝鮮語での歌も2曲まじえて6曲を歌った。

現在日朝音楽芸術交流会会長はピアニストの池辺幸惠がひきついでいる。池辺は2012年4月に訪朝し<4月の春国際親善芸術祭典>に参加し、自作の"アリラン変奏曲"の演奏により受賞。以来朝鮮の理解と交流・支援に深く携わり、朝鮮共和国への偏見と誤解、在日・朝鮮学校への差別をなくすさまざまな活動や、それらの主旨と反原発と9条を守る歌とピアノとスライドショーの"平和コンサート"を催している。

2019年7月25日、肺炎のため死去[1]。99歳没。

代表曲[編集]

  • みのる秋(昭和15年11月)
  • 伊那のふるさと(昭和16年4月)
  • 琵琶湖哀歌(昭和16年6月)共唱:東海林太郎
  • 十三夜(昭和16年10月)
  • 夢の砂漠(昭和16年11月)
  • 若草哀歌(昭和17年7月)
  • 九段のさくら(昭和18年3月)共唱:東海林太郎
  • アユチャの町(昭和18年5月)
  • すみだ川(昭和18年11月※東海林太郎「銀座尾張町」片面)
  • 輝く翼(昭和21年)共唱:榎本美佐江
  • 名残の月影(昭和22年)
  • たけくらべ(昭和23年)
  • 恋し鳥(昭和26年)
  • みおつくしの鐘(昭和30年)
  • 平壌慕情
  • 平壌讃歌

脚注[編集]

  1. ^ a b “歌手の小笠原美都子さん死去”. 時事通信社. (2019年7月26日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019072601073&g=soc 2019年7月27日閲覧。