小笠原寿長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小笠原 寿長(壽長、おがさわら ひさなが、1854年9月19日(安政元年7月27日[1])- 1927年昭和2年)10月[2])は、明治期の警察官政治家華族貴族院子爵議員。旧姓・細川[1]

経歴[編集]

肥後宇土藩主・細川行芬の九男として生まれる[1]。旧豊前小倉新田(千束)藩主家当主・小笠原愛子(小笠原貞哲五女)の入夫となり、1876年5月24日に家督を継承[1]1884年7月8日、子爵を叙爵した[3]

1875年司法省出仕となる[2]。以後、大蔵省御用掛、大蔵属、陸軍省出仕、熊本県警部福岡県警部、宮崎県警部、延岡裁判所書記、宮崎裁判所書記などを歴任した[2]

1891年12月、貴族院子爵議員補欠選挙で当選し[4]1902年8月9日に辞職するまで二期在任した[2][5]。同年8月12日、小笠原家と離縁となり、同年8月28日、子息・恒が子爵を襲爵した[1][6]

親族[編集]

  • 妻:愛子(前当主、小笠原貞哲五女)[1]
  • 男:恒(子爵、陸軍砲兵中佐)[1]
  • 女:喬子(大谷瑩潤夫人)[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『平成新修旧華族家系大成』上巻、342-343頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』38頁。
  3. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  4. ^ 『官報』第2534号、明治24年12月9日。
  5. ^ 『官報』第5732号、明治35年8月12日。
  6. ^ 『官報』第5747号、明治35年8月29日。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
千束小笠原家初代
1884年 - 1902年
次代:
小笠原恒