小秋元隆輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小秋元 隆輝(こあきもと たかてる、1913年9月14日 - 2004年12月20日)は、日本光学工業(後のニコン)の技術者。電気露出計光電素子を研究、カメラ用検査機器を開発して、高性能で安定した品質のニコン製品の供給を実現した。

略歴[編集]

主要著書[編集]

外部リンク[編集]