小真名子山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小真名子山
Mt Komanako viewing from Senjogahara.jpg
小真名子山
標高 2,323 m
所在地 栃木県日光市
位置 北緯36度48分26秒
東経139度30分39秒
山系 日光火山群
種類 溶岩円頂丘
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

小真名子山(こまなこさん)[1][2]日光国立公園内、栃木県日光市にある山。標高2,323m。三等三角点「小真名子山」(標高2,322.9m)が設置されている。第四紀溶岩円頂丘である。政府機関文書では「こまなこさん」と濁らない読み方で記載されているが、一般には「こまなごやま」とも呼ばれる。また、大真名子山と対で呼ぶ際は「おおまなこ、こまなこ」と濁らないようである。

日光連山日光表連山)を代表する一峰で、大真名子山帝釈山の間に位置し、両山間は登山道で結ばれている。関東地方南部地域からも女峰山と大真名子山の間に隠れるように山頂部の輪郭のみよく見える。

山名[編集]

小真名子山という山名は、男体山女峰山の孫山「愛子(まなご)」に由来すると言われている。広く関東一円からその山容を見ることができる大真名子山に対し、本山は女峰山と大真名子山の間に隠れてあまり見えないこと、またその山頂標高もやや低いことから小真名子山と名付けられた。

登山[編集]

日光表連山の一峰として、これらを結ぶ縦走路が整備されている。奥日光から入る場合は「志津乗越(志津峠)」が登山口となる。大真名子山から小真名子山間は約1時間30分程度、小真名子山から富士見峠を経て帝釈山までは約2時間のコースである。

その他[編集]

山頂部には木々が生えており見晴らしはあまりよくない。少し富士見峠に向かった付近にひらけた場所があり、ここが小真名子山頂に最寄りの展望地となる。

脚注[編集]

  1. ^ [1] 環境庁日光国立公園(日光地域)指定書 平成9年9月18日
  2. ^ [2] 国土交通省関東地方整備局日光砂防事務所「日光を知る」

関連項目[編集]