小田真也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小田 真也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県新宮市
生年月日 (1961-01-18) 1961年1月18日(58歳)
身長
体重
179 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1981年 ドラフト3位
初出場 1984年4月12日
最終出場 1992年10月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小田 真也(おだ しんや、1961年1月18日 - )は、和歌山県新宮市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

新宮商業高から社会人野球京都大丸を経て、1981年プロ野球ドラフト会議西武ライオンズから3位指名を受け入団。

セットポジションから投げる左のサイドスローで、主にカーブ・シュートが武器とし、西武黄金時代に市村則紀と共に左のワンポイントとして起用される。

プロ3年目の1984年に一軍デビューし、1986年までは先発経験もあった。1987年以降はリリーフに専念し、1988年にはチーム最多の41試合に登板した。1993年限りで現役を引退した。通算成績は196試合、4勝6敗9S。7度のリーグ優勝、6度の日本一に貢献し、日本シリーズには通算7試合に登板し無失点。

引退後は東京都練馬区大泉学園お好み・鉄板焼き「おだちゃん」を経営したが、2003年に帰郷。和歌山県新宮市を中心に中学3年生を対象とした野球塾を開き、8期生約200人の塾生を高校に送り出した。2004年から2シーズン、マスターズリーグ大阪ロマンズ」の選手としても活躍。04~05シーズンには、最優秀防御率賞も獲得した。

2011年3月より、アルペンスポーツデポ沼津店においてベースボール・アドバイザーとして勤務している[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1984 西武 3 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 33 7.2 7 1 3 0 1 4 0 0 6 6 7.04 1.30
1985 4 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 25 5.0 6 0 3 2 0 4 1 1 4 4 7.20 1.80
1986 35 1 0 0 0 2 1 1 -- .667 115 28.2 23 3 12 2 1 14 0 0 11 11 3.45 1.22
1987 23 0 0 0 0 0 3 0 -- .000 69 15.2 15 1 9 1 0 14 0 0 9 9 5.17 1.53
1988 41 0 0 0 0 1 1 5 -- .500 132 33.2 28 2 11 3 1 16 0 0 14 13 3.48 1.16
1989 25 0 0 0 0 0 1 1 -- .000 53 10.0 19 4 5 1 1 8 0 0 12 11 9.90 2.40
1990 22 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 46 10.0 12 4 3 1 0 11 1 0 10 9 8.10 1.50
1991 33 0 0 0 0 1 0 1 -- 1.000 79 20.2 15 1 4 2 0 10 0 0 3 3 1.31 0.92
1992 10 0 0 0 0 0 0 1 -- ---- 31 8.0 5 1 2 0 0 5 0 0 2 2 2.25 0.88
通算:9年 196 3 0 0 0 4 6 9 -- .400 583 139.1 130 17 52 12 4 86 2 1 71 68 4.39 1.31
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

  • 初登板:1984年4月12日、日本ハム戦(後楽園) 8回より登板 1回無失点 被安打0 奪三振0 四死球1
  • 初セーブ:1986年4月6日、南海戦(西武) 7回1死より登板 2回2/3を無失点 被安打1 奪三振2 四死球1
  • 初勝利:1986年5月13日、南海戦(西武) 7回1死より登板 1回2/3を無失点 被安打0 奪三振1四死球0

背番号[編集]

  • 52 (1982年 - 1993年)

脚注[編集]

  1. ^ 週刊ベースボール2012年4月16日号 P14

関連項目[編集]

外部リンク[編集]