小田木真代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小田木 真代
おだぎ まさよ
生年月日 (1963-02-23) 1963年2月23日(58歳)
出生地 茨城県高萩市安良川
出身校 日本大学理工学部薬学科
(現日本大学薬学部
前職 茨城県議会議員
所属政党自由民主党→)
無所属
親族 父・小田木真一(茨城県議会議員)

当選回数 1回
在任期間 2014年3月2日 - 2018年3月1日

選挙区 高萩市選挙区
当選回数 4回(補選を含む)
在任期間 1999年5月 - 2014年1月25日
テンプレートを表示

小田木 真代(おだぎ まさよ、1963年2月23日 - )は、日本政治家薬剤師。元茨城県高萩市長(1期)、元茨城県議会議員(4期)。

来歴[編集]

茨城県高萩市安良川出身。高萩市立高萩小学校、高萩市立高萩中学校、日本大学豊山女子高等学校卒業。1985年(昭和60年)3月、日本大学理工学部薬学科卒業。同年4月、薬剤師国家試験に合格[1]

1999年(平成11年)4月2日、父の小田木真一・茨城県議会議員が死去。これに伴って5月16日に行われた県議補選に自由民主党から出馬し初当選。2010年(平成22年)12月12日の県議選で4選を果たす。

2014年(平成26年)1月26日公示、2月2日投票の高萩市長選挙に無所属で出馬し、無投票で初当選。県議職は自動失職となった。3月2日、市長就任[2]。県内で女性市長が誕生したのは戦後2例目となった[3]

2017年(平成29年)の茨城県知事選挙では多くの県議・市町村長が現職の橋本昌を支持していたなか、新人の大井川和彦の支持に回り当選に貢献した[4]

2018年(平成30年)2月の市長選で元市職員の大部勝規に敗れ落選した[5]

2019年(平成31年)1月1日、鹿行生涯学習センター・女性プラザ所長兼館長に就任した[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]