小田急エース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小田急エース
Odakyu ACE
Odakyu ace entrance shinjuku tokyo 2009.JPG
小田急エースの入口のひとつ
店舗概要
所在地 東京都新宿区西新宿一丁目
開業日 1966年(昭和41年)11月
施設管理者 小田急ビルサービス[1]
延床面積 29,650 m²
商業施設面積 4,032 m²
店舗数 53店
駐車台数 380台
最寄駅 新宿駅
外部リンク 公式ウェブサイト
Odakyu electric railway company logos.svg
テンプレートを表示

小田急エース(おだきゅう-,Odakyu ACE)は、東京都新宿区西新宿一丁目の新宿駅西口地下広場の一角にある地下商店街

概要[編集]

1966年(昭和41年)11月開業。小田急ビルサービスが経営している[1]。正式名称は、『新宿駅西口地下街』。都市計画法に基づく都市施設名称は、東京都市計画駐車場第26号新宿駅西口駐車場(1960年6月15日都市計画決定)で、都市計画駐車場の併設地下街の位置づけである。住居表示は東京都新宿区西新宿一丁目西口地下街1号。面積は 29,650.0m2(北館、南館の合計)。

新宿駅の西口における代表的な地下商店街で、飲食店や洋品店などが軒を連ねる[1]

地下広場でも二ヶ所に分かれており、バスターミナルの下にあるパートが北館、京王電鉄京王線新宿駅の西側地下に繋がっているパートを南館と呼ばれている[1]

北館は、新宿エルタワー小田急ハルクに直結していて、新宿副都心の地下の入口に位置する[1]
南館は、そのまま京王モールと繋がっており、京王モールを経由して京王新線都営地下鉄新宿線大江戸線の乗り場(新線新宿駅)に繋がっている[1]

駅と直結しとても好立地であるため、平日、休日問わず、買い物客、通勤客が多く訪れることでも知られている。

従来の新宿駅の西口が、小田急百貨店との複合スタイルとなった現在のスタイルとなるため、現在の小田急百貨店本館のある辺りに在った飲食店などが、新しく出来た地下広場に移って出来たのが、始まりである。

現在は、飲食店以外にも、OL向けの雑貨店なども多い。

テナント[編集]

詳しくは下記公式サイト参照。

アクセス[編集]

  • 新宿駅より徒歩1分程度
  • 営業時間等:店舗により異なる(物販店は最長10:00 - 21:00、飲食店は最長7:30 - 23:00)が、深夜時間帯は商店街自体が閉鎖されている。

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 屋内測位普及発展に関する調査研究報告書 (Report). 財団法人ニューメディア開発協会. (2009-3). 

外部リンク[編集]