小田島等

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小田島 等(おだじま ひとし、1972年 - )は日本のイラストレーターデザイナー東京都港区出身。桑沢デザイン研究所卒。

略歴[編集]

1972年、東京都港区で生まれる。実家はカラオケスナック。15歳の時からポップアートに興味を持ち、明確な意志を持って絵を描きだす。高校在学中に隔月刊『イラストレーション』誌上コンペ「ザ・チョイス」にて印刷物デビュー。専門学校在学中にスージー甘金の「コガネ虫スタジオ」にて修行し、1995年からフリーランスとしてCDジャケットや書籍デザインの分野を中心に活躍する。1990年代後半はフォーキーというタームで括られるミュージシャンらの作品を数多く手がける。2000年代に入ると、イラストレーショングラフィックデザインだけでなく、漫画や展示活動にも表現の領域を広げる。サニーデイ・サービス曽我部恵一とのチームワークは25年にも及ぶ。「全日本ポストサブカルチャー連合」メンバー(大橋裕之箕浦健太郎)。

著書、作品[編集]

  • 漫画単行本『無 FOR SALE』(晶文社、2004)
  • 7inch SINGLE『お茶ロック』(円盤、2005)*BEST MUSIC名義
  • 古屋蔵人・黒川知希との共著『2027 ボヤボヤしてたら、すぐやってくる。2027年のお話。』(ブルース・インターアクションズ、2007)
  • CD ALBUM『MUSIC FOR SUPERMARKET』(SWEET DREAMS、2007)*BEST MUSIC名義
  • 監修本『1980年代のポップ・イラストレーション』(アスペクト、2009)
  • 作品集『ANONYMOUS POP』(ブルース・インターアクションズ、2010)
  • 対談集『コテージのビッグウェンズデー 半芸術編』(誠光社、2016)*堀部篤史との共著
  • 作品集『1987/2017』(void、2017)
  • 7inch SINGLE『Tonight Goodnight』*長尾謙一郎とのユニット"The Fascism"名義(ROSE RECORDS、2017)

主なデザイン、イラストレーション[編集]

外部リンク[編集]