小田島理恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小田島 理恵
個人情報
生誕 (1989-04-01) 1989年4月1日(33歳)
日本の旗 日本 埼玉県入間市
スポーツ
競技車いすバスケットボール
障害クラス2.5
チームWING
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 車いすバスケットボール
アジアパラ競技大会
2018 ジャカルタ

小田島 理恵(おだじま りえ、1989年4月1日 - )は、日本の女子車いすバスケットボール選手。ポジションはフォワード[1]。女子車いすバスケットボールチーム「WING」所属[1]車いすバスケットボール女子日本代表選手。

来歴[編集]

埼玉県入間市出身[2]。3歳からピアノを習い、中学時代は吹奏楽部[3]埼玉県立狭山清陵高等学校[4]時代は少林寺拳法部に所属していた。高校卒業後は作業療法士の資格を取るため専門学校に進学[5]。2011年、22歳の時、事故に遭い脊髄損傷不全麻痺となる。リハビリで通っていた障がい者スポーツセンターで開催されていた体験会で車いすバスケットボールに出会う[6][7]2013年、東京の女子車いすバスケットボールチーム「GRACE」に加入[7]2016年車いすバスケットボール女子日本代表に初めて選出され、国際親善女子車いすバスケットボール大阪大会とコンチネンタルクラッシュ(イギリス)に出場[8]2021年東京パラリンピックに出場。

2022年6月1日に入籍したことを発表。入籍後の本名が「石川理恵」になったことも公表している[9]

ケイダッシュステージ所属のお笑いコンビ『かぎしっぽ』のさち(本名:小田島沙知)はいとこにあたる[10][11]

日本代表歴[編集]

  • 2017 アジアオセアニアチャンピオンシップス 3位
  • 2018 アジアパラ競技大会 準優勝
  • 2019 アジアオセアニアチャンピオンシップス 3位
  • 2021 東京パラリンピック 6位

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 【日本代表選手名鑑】車いすバスケットボール女子|東京2020パラリンピックパラサポWEB2021年8月19日
  2. ^ 小田島 理恵NHK東京パラリンピック 2021年9月10日閲覧
  3. ^ 車いすバスケ女子日本代表・小田島理恵が困難を乗り越えて掴んだ“生きがい”dmenuスポーツ2019年11月8日配信
  4. ^ 日本代表・小田島さん、母校・狭山清陵高を訪問
  5. ^ 摂食障害、体重30キロ台、事故 障害が私を変えた朝日新聞2021年8月27日
  6. ^ 【二宮清純×注目パラアスリート(2)】車いすバスケ 小田島理恵 体験教室で“とりこ”にスポニチアネックス2018年10月4日
  7. ^ a b 女子車いすバスケットボール日本代表候補・小田島理恵~生死をさまよう事故に遭って克服した摂食障害ニッポン放送2020年2月13日
  8. ^ 東京アスリート認定選手・インタビュー(19)小田島理恵選手(小金井市、中央区) 車いすバスケット (2017/10/23)
  9. ^ 石川 理恵(小田島 理恵) [@OdajimaO] (2022年6月1日). "皆さまにご報告です" (ツイート). Twitterより2022年6月30日閲覧
  10. ^ 小田島理恵 [@OdajimaO] (2018年4月8日). "社員総会の後は、私のいとこが『かぎしっぽ』という芸人で" (ツイート). Twitterより2021年9月11日閲覧
  11. ^ かぎしっぽ さち [@mthsachi] (2021年8月8日). "従姉妹が車椅子バスケの日本代表としてパラリンピックに出場致します!" (ツイート). Twitterより2021年9月11日閲覧

外部リンク[編集]