小港区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華民国 高雄市 小港区
別称: 港仔
高雄國際機場.JPG
地理
Siaogang KH.svg
位置 北緯--°--"
東経--°--"
面積: 45.4426 km²
各種表記
繁体字: 小港區
日本語読み: しょうこう
こみなと[1](慣用読み)
漢語: Xiăogāng
通用: Siăogāng
注音符号: ㄒㄧㄠˇ ㄍㄤˇ
片仮名転写: シャオガン
台湾語: Sió-káng
客家語: Séu-kóng
行政
行政区分: 市轄区
上位行政区画: 高雄市
下位行政区画: 38里697鄰
小港区長: 陳盈秀
公式サイト: 小港区政府
情報
総人口: 156,205 人(2015年1月)
戸数: 66,080 戸(2015年1月)
郵便番号: 812
市外局番: 07

小港区(しょうこうく/こみなとく)は高雄市の市轄区。

地理[編集]

歴史[編集]

小港区は高雄潟湖の南岸の鳳山港付近に集落が位置していたことからかつて港仔と称されていた。開発の歴史は古く、オランダ統治時代には既に港が築かれ、鄭成功が台湾を統治するようになるとその武将である呉燕山により開墾が進められた。

清代には鳳山県の管轄下に置かれていた。1920年の地方行政改革により、「港仔」の意義を取って內地風地名の「小港(こみなと)」と改められ[2]、高雄州鳳山郡の管轄なった。戦後は小港郷と改称し、1979年に高雄市が直轄市に昇格した際に。小港郷も市区に編入され小港区と改変され、現在に至っている。

下部行政区域[編集]

歴代区長[編集]

交通[編集]

小港駅の1番出口
  • 高雄市バス
    • 紅1線(R1)
    • 紅2線(R2)
    • 紅3線(R3)
    • 紅5線(R5)
    • 紅6線(R6)
    • 紅7線(R7)
    • 紅8線(R8)
    • 紅9線(R9)
    • 12
    • 15
    • 30
    • 69
    • 62
    • E09
    • 紅毛港文化バス(Hongmaogang Culture Bus)
  • 省道
    • 台17線 中山四路、沿海一路、沿海二路、沿海三路

教育[編集]

区分 名称
大学 2 国立高雄餐旅大学
高雄市立空中大学
高職 1 高鳳高級工業家事職業学校
高中 1 高雄市立小港高級中学
国中 4 高雄市立小港国民中学
高雄市立中山国民中学
高雄市立明義国民中学
高雄市立鳳林国民中学
国小 9 高雄市立小港国民小学
高雄市立太平国民小学
高雄市立青山国民小学
高雄市立坪頂国民小学
高雄市立鳳林国民小学
高雄市立二苓国民小学
高雄市立海汕国民小学
高雄市立桂林国民小学
高雄市立漢民国民小学
幼稚園 - -

観光[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「州、廳ノ位置、管轄區域及郡市ノ名稱、位置、管轄區域」大正九年八月十日、臺灣總督府令第四十七號
  2. ^ 水越幸一「市郡の區域稱呼其所在地並街庄の稱呼等に就て」『臺灣時報』第十六號、大正九年、一四四頁。