コンテンツにスキップ

小海遥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小海 遥 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム こかい はるか
ラテン文字 KOKAI, Haruka
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 中距離長距離
所属 第一生命グループ
生年月日 (2003-01-20) 2003年1月20日(21歳)
出身地 日本の旗 日本
新潟県妙高市
コーチ 山下佐知子
自己ベスト
1500m 4分27秒82
3000m 9分12秒40
5000m 15分23秒98
10000m 30分57秒67
編集 テンプレートのヘルプを表示する

小海 遥(こかい はるか、: Haruka Kokai2003年1月20日 - )は、日本陸上競技選手。専門は長距離走新潟県妙高市出身。

経歴・人物

[編集]

妙高市立新井中央小学校[1]妙高市立新井中学校[2]仙台育英学園高等学校卒業[3]

小学校より陸上競技を始め、妙高市で開催される「越後妙高コシヒカリマラソン大会」では2014年度の大会で小学校5年・6年女子3kmの部で優勝を飾る[4]

中学校時代には2年次及び3年次にて「皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝競走大会」(京都市)に連続出場[2]、また「2016年ジュニアオリンピック陸上競技大会」(横浜市横浜国際総合競技場)に出場した際には女子B組1,500mの予選で不破聖衣来高崎市立大類中学校)と同走して敗れた[5]

高校進学時には新潟から離れ、宮城県の名門たる仙台育英学園高等学校を選択し、同校へ入学。2年次の「令和元年度全国高等学校総合体育大会」(2019年/沖縄県総合運動公園陸上競技場)女子3,000mで8位入賞を果たす[6]。また「全国高等学校駅伝競走大会」(京都市)女子の部では2019年大会にて1区を走り区間賞、仙台育英の優勝に貢献した[7]

高校卒業と共に第一生命グループに入社し、同社女子陸上競技部の選手となる。

2023年6月の「第107回日本陸上競技選手権大会」(大阪市長居陸上競技場)女子5,000mにて15分23秒98のプライベートベストタイムを出して3位に入賞[8]。また同年7月の「2023年アジア陸上競技選手権大会英語版」(タイ王国バンコク:スパチャラサイ国立競技場)女子10,000mでは32分59秒36で1位となり、大会制覇を果たした[9]

12月に行われた第107回日本陸上競技選手権大会では日本歴代7位となる30分57秒67で廣中、高島に次ぐ3位で表彰台に入った。

2024年1月の「皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝競走大会」(京都市)では、高校時代を過ごした宮城県チームのメンバーとして出場、最終9区のアンカーを任され、首位を走っていた兵庫県チームを追い抜いて首位に立つと、追い縋る京都府チームを振り切ってたけびしスタジアム京都のゴールを駆け抜け、宮城県チームに1995年以来二度目となる栄冠をもたらした[10]

成績

[編集]
  • 1500m - 4分27秒82
  • 3000m - 9分12秒40
  • 5000m - 15分23秒98(第107回日本陸上競技選手権大会 / 2023年6月)*3位
  • 10000m - 30分57秒67(第107回日本陸上競技選手権大会 / 2023年12月)※3位
  • 全国女子駅伝区間賞 - 1区区間賞、4区区間賞 9区2位
  • 高校駅伝女子区間賞 - 1区区間賞
  • アジア選手権金メダル

脚注

[編集]

外部リンク

[編集]