小泊村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こどまりむら
小泊村
廃止日 2005年3月28日
廃止理由 新設合併
中里町小泊村中泊町
現在の自治体 中泊町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 青森県
北津軽郡
団体コード 02386-8
面積 64.62km2
総人口 3,989
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 北津軽郡市浦村
東津軽郡三厩村
村の木 ヒバ
村の花 コハマギク
村の鳥
村の魚
村の色
イワツバメ
メバル
マリンブルー(DIC222を基本とする)
小泊村役場
所在地 037-0522
青森県北津軽郡小泊村字小泊282番地
外部リンク 小泊村Internet Archive
座標 北緯41度7分52.9秒
東経140度18分25.2秒
座標: 北緯41度7分52.9秒 東経140度18分25.2秒
小泊村
特記事項 1,415世帯(平成12年国勢調査)
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

小泊村(こどまりむら)は、青森県北津軽郡に置かれていた。漁業が中心産業で、特にイカ漁は全体の70%を占める。小泊は、アイヌ語のポン・トマリに由来し、「小さな港」を意味するといわれる[1]

地理[編集]

津軽半島の北端近くに位置し、北津軽郡の最北端。やや南北に長い形をしているが権現崎が日本海に飛び出しているため、東西約13 km、南北約16 kmとなっている。また平地がほとんどなく建物の多くは尾崎山のある半島か、その付け根に集中する。

  • 山:矢形石山 (586.9 m)、尾崎山 (229.7 m)、三角山 (185.8 m)、板割山 (178.5m)、稲荷山 (41m)
  • 河川:小泊川、板割沢、冬部川、折腰内川、傾り石沢、七ッ滝沢、袰内川、鮪沢山
  • 湖沼:大沼、小泊ダム
  • 滝:七ッ滝、燕ノ滝

隣接していた自治体[編集]

沿革[編集]

地域[編集]

教育[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

村内を鉄道路線は通っていない。最寄り駅は、津軽鉄道津軽鉄道線津軽中里駅

路線バス[編集]

名所・旧跡・観光・歳事[編集]

  • 権現崎
  • 権現祭(8月14日 - 16日)

出身有名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐々木節、石野哲也、伊藤もずく「龍泊ライン」『絶景ドライブ100選 [新装版]』松井謙介編、学研パブリッシング〈GAKKEN MOOK〉、2015年9月30日、40-41頁。ISBN 978-4-05-610907-8

関連項目[編集]