小泉貞三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小泉貞三(こいずみ ていぞう、1905年2月4日 - 1975年2月9日 )は、経済学者経営学者、経済学博士。関西学院大学[1]名誉教授・ 元関西学院大学商学部長。

交通経済学の研究において数多くの研究、業績を残し、その学問の発展に寄与された。滋賀県神崎郡生まれ。

略歴[編集]

  • 1936年 - 旧制京都第二中學校卒業
  • 1936年 - 旧制関西学院 高等商業学部卒業
  • 1936年 - 旧制大阪商科大学卒業
  • 1936年 - 京都大学旧制大学院経済学科入学。小島昌太郎博士に師事。
  • 1936年 - 関西学院大学商経学部助手
  • 1937年 - 関西学院高等商業学部講師
  • 1938年 - 京都大学経済学部学部副手
  • 1938年 - 興亜院嘱託の身分で、 聯銀券調査研究の為北支、満州国へ小島昌太郎博士に随行、歴訪する。
  • 1941年 - 関西学院大学商学部助教授
  • 1943年 - 関西学院大学訓練部勤労動員課課長
  • 1941年 - 関西学院大学商学部助教授
  • 1949年 - 関西学院大学経済学部教授
  • 1950年 - 関西学院大学大学院経済研究科教授
  • 1951年 - 関西学院大学商学部教授
  • 1953年 - 関西学院大学大学院商学研究科教授(1973年まで)
  • 1957年 - 交通学研究のため海外留学、主に米国各大学歴訪
  • 1953年 - 関西学院教職員組合組合長
  • 1960年 - 経済学博士(論文『交通輸送力経済学の基本問題』)
  • 1961年 – 関西学院大学商学部長(1966年まで)
  • 1963年 – 関西学院評議員(1969年まで)
  • 1966年 – 関西学院財務部長
  • 1966年 – 滋賀大学経済学部非常勤講師
  • 1968年 – 関西学院理事
  • 1971年 – 神戸市交通事業審議会委員
  • 1973年 – 関西学院大学名誉教授

受賞[編集]

  • 1969年 – 兵庫県教育功労賞

著書[編集]

  • 『交通輸送力経済学の基本問題』(弘文堂, 1968年)
  • 『交通の理論』(法律文化社, 1960年)
  • 『鉄道運賃の研究 D・フィリップ・ロックリン』(------, -------年)
  • 『タクシー問題の研究 経営経済選書 7』(所書店, 1973年)

学術論文[編集]

  • 『経営経済内交通の理論』(商学論究, 1973)
  • 『タクシーの料金水準とタクシーの実車率との関係について』(商学論究, 1973)
  • 『タクシー事業の近代化について』(運輸と経済, 1973)
  • 『交通輸送力経済における一元的空間媒介性』(交通学研究, 1958)
  • 『新しい運賃形成理論の性格と問題点』(交通学研究, 1961)
  • 『交通輸送力経済における一元的空間媒介性』(交通学研究, 1958)
  • 『新しい運賃形成理論の性格と問題点』(交通学研究, 1961)
  • 『経済科学としての交通学』(交通学研究, 1962)
  • 『交通における公共投資』(交通学研究, 1963)
  • 『タクシーの料金水準とタクシーの実車率との関係について』(交通学研究, 1973)
  • 『学会記事《追悼記》』(交通学研究, 1975)
  • 『月刊「運輸と経済」』(財団法人 運輸調査局, 1958)
  • 『「大都市におけるバス ・タクシーに関する答申」を読んで』(商学論究, 1972)
  • 『今日の大都市におけるタクシーは公共負担をしている』(商学論究, 1971)
  • 『タクシー交通事業の経営の近代化政策について』(商学論究, 1971)
  • 『タクシー交通事業の本質について』(商学論究, 1971)
  • 『三つの交通空間の形成について』(商学論究, 1969)
  • 『「交通の理論」と「交通学の理論」 : 地域交通学を意識して』(商学論究, 1967)
  • 『市場内交通学について』(商学論究, 1966)
  • 『経営内交通学について』(商学論究, 1964)
  • 『池内信行博士記念号の発刊に際して』(商学論究, 1964)
  • 『奥田 勲博士記念号の発刊に際して』(商学論究, 1964)
  • 『限界費用價格(運賃)理論の性格と問題点について』(商学論究, 1962)
  • 『交通学の成立について』(商学論究, 1961)
  • 『日本交通学会第十九回研究報告会』(商学論究, 1960)
  • 『戦後の交通学界展望』(商学論究, 1960)
  • 『交通輸送力市場の意義』(商学論究, 1960)
  • 『経営内交通について』(商学論究, 1959)
  • 『交通業経営空間媒介性について』(商学論究, 1959)
  • 『交通輸送力経済における一元的空間媒介性』(商学論究, 1959)
  • 『日本交通学会』(商学論究, 1958)
  • 『交通輸送力経済における個別的合理性と社会的合理性』(商学論究, 1958)
  • 『交通輸送力経済における個別的合理性と社会的合理性 (一)』(商学論究, 1958)
  • 『ニューヨーク港史 : 植民地時代から二〇世紀に至る歴史的発展』(商学論究, 1958)
  • 『交通市場、交通事業及び交通政策 : 交通輸送力経済学研究の立場と課題と方法について』(商学論究, 1958)
  • 『海上輸送力経済の本質 : 主体的なるものを中心として』(商学論究, 1957)
  • 『交通輸送力経済の本質 : 主体的なるものを中心として』(商学論究, 1956)
  • 『交通輸送力の概念』(商学論究, 1955)
  • 『近代的運賃の形成について』(商学論究, 1954)
  • 『交通の生産性と流通性』(商学論究, 1954)
  • 『日本自立経済における海運の問題』(商学論究, 1951)
  • 『國際海運における日本海運の地位』(經濟學論究, 1950)
  • 『日本海運の問題』(經濟學論究, 1949)
  • 『経営内交通と経済内交通』(經濟學論究, 1948)
  • 『佐波宣平教授「交通概論」昭和廿三年二月廿日有斐閣發行』(經濟學論究, 1948)
  • 『交通におけるインフレーション』(經濟學論究, 1948)
  • 『戰時統制經濟下に於ける交通部門(利潤統制)』(經營學論集, 1941)
  • 『支那民船の経営について』(京都帝国経濟學曾, 1943)

脚注[編集]

  1. ^ KWANSEIGAKUIN UNIVERSITY(かんせいがくいん だいがく)