小泉義之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小泉 義之
生誕 1954年????
日本の旗 日本北海道札幌市
時代 20世紀の哲学
21世紀の哲学
地域 日本哲学
学派 大陸哲学
研究分野 形而上学倫理学応用倫理学生命倫理学生命論生殖論精神分析学哲学史思想史
テンプレートを表示

小泉 義之(こいずみ よしゆき、1954年 - )は、日本哲学者。主に近世哲学から現代哲学大陸哲学フランス現代哲学)までを研究対象としている。倫理学、特に生命倫理学に関する研究の他、文化研究においても有名。哲学修士東京大学)。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授北海道札幌市出身。

経歴[編集]

研究[編集]

哲学及び倫理学を専攻。現代的生命論を探求し、同時にこれまでの哲学史古代ギリシア哲学中世神学近世哲学現代思想などに対し批判的歴史的研究を行う。生命観と自然観の再検討を行う研究者である。現代の生命科学及び技術の進展に対応する生命論を目指している。[1]

特に初期はルネ・デカルトの研究者として活躍した。デカルト研究の著書は多数ある。のち、ジル・ドゥルーズの代表的研究者としても広く知られるようになる。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『兵士デカルト――戦いから祈りへ』、勁草書房、1995年。
  • 『デカルト=哲学のすすめ』、講談社現代新書、1996年。のち文庫、『デカルト哲学』、講談社学術文庫、2014年。
  • 『弔いの哲学』、<シリーズ・道徳の系譜>河出書房新社、1997年。
  • 『ドゥルーズの哲学――生命・自然・未来のために』、講談社現代新書、2000年。
  • 『レヴィナス――何のために生きるのか』、日本放送出版協会、2003年。
  • 『生殖の哲学』、<シリーズ・道徳の系譜>河出書房新社、2003年。
  • 『病いの哲学』、ちくま新書、2006年。
  • 『「負け組」の哲学』、人文書院、2006年。
  • 『デカルトの哲学』、人文書院、2009年。
  • 『倫理学』ブックガイドシリーズ基本の30冊、人文書院、2010年。
  • 『生と病の哲学』、青土社、2012年。
  • 『ドゥルーズと狂気』、河出ブックス、2014年。
  • 『あたらしい狂気の歴史――精神病理の哲学』、青土社、2018年。

共編著[編集]

  • 『なぜ人を殺してはいけないのか?』、永井均共著、河出書房新社、1998年、のち文庫。
  • 『生命の臨界―争点としての生命』、松原洋子共編 人文書院 2005年。
  • 『ドゥルーズ/ガタリの現在』、鈴木泉檜垣立哉共編、平凡社、2008年。
  • 『脱原発「異論」』、市田良彦王寺賢太スガ秀実長原豊共著、作品社、2011年。
  • 「デカルト『省察』における狂気と病気」、『形而上学の可能性を求めて──山本信の哲学』所収、工作舎、2012年。ISBN 978-4-87502-447-7
  • 『債務共和国の終焉――わたしたちはいつから奴隷になったのか』、市田良彦王寺賢太長原豊共著、河出書房新社、2013年。

訳書[編集]

連載[編集]

  • 「鉄筆コロセウム」(『文藝』、2001年 - 2004年)
  • 「文学の門前」(『文学界』、2002年 - 2003年)

論文[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]