小泉俊博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小泉 俊博
こいずみ としひろ
生年月日 (1963-04-18) 1963年4月18日(55歳)
出身校 駒澤大学法学部法律学科
所属政党 無所属

当選回数 1回
在任期間 2016年4月19日 - 現職
テンプレートを表示

小泉 俊博(こいずみ としひろ、1963年4月18日 - )は、日本政治家行政書士長野県小諸市長(1期)。

来歴[編集]

小諸市立美南ガ丘小学校、小諸市立小諸東中学校卒業[1]。1982年(昭和57年)3月、長野県野沢北高等学校卒業。1987年(昭和62年)3月、駒澤大学法学部法律学科卒業。

1993年(平成5年)1月から1997年(平成9年)1月まで井出正一衆議院議員の秘書を務めた。同年2月、行政書士事務所を開設。長野県商工会議所青年部連合会長や長野県行政書士会理事を歴任した[2]

2004年(平成16年)4月の小諸市長選挙に出馬するも落選。12年後の2016年(平成28年)の市長選に再出馬し初当選した。4月19日、市長に就任[3]

選挙の結果[編集]

2004年小諸市長選挙

4月11日執行。いずれも新人3候補同士の戦い。348票差で芹沢勤に敗れる[4]

※当日有権者数:人 最終投票率:66.95%(前回比:ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
芹澤勤63無所属11,565票49.53%
小泉俊博40無所属11,217票48.04%
草間重男54無所属566票2.42%
2016年小諸市長選挙

2016年(平成28年)1月17日、柳田剛彦小諸市長は、支持組織が固まらなかったため1期目にして市長選への出馬を断念[5]。前市教育長の柳沢恵二、元市長の芹沢勤ら4候補との戦いを制し初当選した[6]

※当日有権者数:34,623人 最終投票率:63.97%(前回比:-2.91ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
小泉俊博52無所属7,239票33.03%
柳沢恵二67無所属4,466票20.38%
大森豊也39無所属4,310票19.66%
芹澤勤75無所属3,601票16.43%
饗場道博57無所属2,301票10.50%

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
柳田剛彦
Flag of Komoro Nagano.JPG 長野県小諸市長
2016年 -
次代:
(現職)