小泉久遠寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小泉久遠寺
所在地 静岡県富士宮市小泉1649
位置 北緯35度13分35.9秒
東経138度38分8.5秒
座標: 北緯35度13分35.9秒 東経138度38分8.5秒
山号 富士山
宗派 日蓮宗
創建年 建武元年
開基 日興
地図
小泉久遠寺の位置(静岡県内)
小泉久遠寺
法人番号 3080105003334
テンプレートを表示

小泉久遠寺(こいずみくおんじ)は、静岡県富士宮市小泉1649にある日蓮宗の本山(由緒寺院)。

概要[編集]

日興の法脈を継承する富士門流に属し、静岡県の駿東地方に分布する北山本門寺西山本門寺大石寺下条妙蓮寺とともに同門流の「富士五山」を構成する。また、さらに京都要法寺伊豆実成寺保田妙本寺とあわせて「興門八本山」のひとつにも数えられる。宗祖日蓮、二祖日興、三祖日目、開基日郷は第4代である。

起源と歴史[編集]

  • 1334年建武元年)正月、日興の高弟・宰相阿闍梨日郷、小泉蓮蔵坊〔小泉久遠寺〕を創す。
  • 1341年興国2年/暦応4年〉、日郷の弟子日叡が小泉蓮蔵坊に詣ず。
  • 1344年(興国5年)12月12日、保田日郷、薩摩阿日叡を伴って小泉蓮蔵坊に赴く。
  • 1345年(興国6年)3月18日、薩摩阿日叡、京より小泉蓮蔵坊への帰途につく。
  • 1402年応永9年)4月、大石寺日時、本尊を書写し大石寺檀那小泉講に授与。
  • 1416年(応永23年)4月8日、保田日伝、小泉道場〔久遠寺〕を円乗坊日宣に、次いで法泉坊日崇に譲る。
  • 1443年嘉吉3年)、小泉日安、日向定善寺に赴き本尊を改む。
  • 1468年応仁2年)保田日安、駿河小泉に久遠寺を創す。
  • 1482年文明14年)9月7日、大石寺と重須・保田・小泉衆徒諍論
  • 1537年天文6年)小泉久遠寺、兵火で全焼
  • 1545年(天文14年)兵部阿日義、小泉久遠寺代官分となる
  • 1546年(天文15年)9月29日、朝比奈親徳、保田日我の小泉久遠寺再興の願により同寺の諸役を免ず
  • 1547年(天文16年)春、小泉久遠寺再建
  • 1549年(天文18年)14世日我の時に今川氏真より朱印下附。11月6日、保田日我、小泉久遠寺置文を定む
  • 1560年永禄3年)8月28日、今川氏真、小泉久遠寺の諸役を免ず。
  • 1588年天正16年)11月15日、保田日侃、小泉・身延通用の扱いにつき小泉久遠寺日珍及び檀中に書を送りその結束を促す
  • 1593年文禄2年)12月26日、保田日侃、妙本寺を小泉日珍に譲り小泉久遠寺を学頭日成に相続せしむ。
  • 1622年元和8年)御影堂が建立される。
  • 1648年慶安1年)2月20日、保田日前、小泉久遠寺及び衆檀中へ保田妙本寺の後董を求む。
  • 1680年ころ、小泉久遠寺全焼。
  • 1785年天明5年)寺領の民家焼ける。
  • 1789年寛政元年)11代将軍のとき、松平紀伊守を通じて国土安穏の祈祷を仰せつけられる。
  • 1835年天保6年)、本堂・書院・塔中を全焼す。
  • 1868年明治元年)4月、客殿・書院・大庫裡・長屋門・玄間など五棟を焼失。
6月、大庫裡再建。

歴代住職[編集]

  • 1353年正平8年)4月25日、保田妙本寺開基小泉4代宰相阿日郷寂〔61歳〕
  • 1416年(応永23年)10月11日、保田・小泉5代中納言阿日伝寂〔77歳〕
  • 1435年永享7年)3月13日、保田・小泉7代日祐寂〔61歳〕
  • 1441年嘉吉元年)6月13日、保田・小泉6代侍従阿日周寂
  • 1460年寛正元年)1月8日、保田・小泉8代成就房日永寂
  • 1487年長享元年)7月22日、保田・小泉9代、按察阿蓮台坊日安寂〔75歳〕
  • 1489年延徳元年)2月17日、保田・小泉10代大蔵阿日信寂〔64歳〕
  • 1503年文亀3年)1月18日、保田・小泉12代左京阿仙陽坊日清寂
  • 1514年永正11年)11月16日、保田・小泉11代三河阿惣持坊日要寂〔79歳〕
  • 1527年大永7年)7月2日、保田・小泉13代二位阿蓮台坊日継寂〔65歳〕
  • 1586年天正14年)11月11日、保田・小泉14代大夫阿日我寂〔79歳〕
  • 1601年慶長6年)6月6日、保田・小泉15代宰相阿日侃寂〔77歳〕
  • 1633年寛永10年)4月14日、保田・小泉17代和泉阿日東寂〔44歳〕
  • 1641年(寛永18年)3月8日、保田・小泉16代左京阿日珍寂
  • 1648年慶安元年)3月19日、保田・小泉18代権太夫阿日前寂〔65歳〕
  • 1659年万治2年)3月29日、小泉20代因位阿日舜寂
  • 1676年延宝4年)12月10日、保田・小泉19代前司阿日応寂〔51歳〕
  • 1689年元禄2年)6月14日、保田23代・小泉24代日体寂〔39歳〕
  • 1690年(元禄3年)1月保田21代・小泉22代日重寂〔71歳〕
  • 1691年(元禄4年)2月6日、保田20代・小泉21代日有寂〔82歳〕
  • 1726年享保11年)5月18日、保田24代・小泉25代日賢寂〔59歳〕
  • 1731年(享保16年)5月3日、小泉28代日忍寂
  • 1737年元文2年)7月3日、保田26代・小泉27代日淳寂〔63歳〕
  • 1740年(元文5年)5月10日、保田28代・小泉30代日幽寂〔69歳〕
  • 1748年寛延元年)12月3日、小泉31代大要阿日儀寂
  • 1755年宝暦5年)1月18日、保田25代・小泉26代日壽寂〔69歳〕
  • 1762年(宝暦12年)3月24日、保田29代・小泉32代日潤寂〔51歳〕
  • 1770年明和7年)10月15日、保田30代・小泉33代日演寂〔62歳〕
  • 1777年安永6年)1月3日、小泉35代日量寂〔64歳〕
  • 1778年(安永7年)6月29日、小泉36代日観寂
  • 1781年天明元年)10月15日、保田27代・小泉29代日甫寂〔81歳〕
  • 1787年(天明7年)5月3日、小泉38代日恵寂〔70歳〕
  • 1791年寛政3年)1月18日、小泉39代・伊豆実成寺31代日縁寂〔68歳〕
  • 1794年(寛政6年)11月15日、保田32代・小泉37代日暁寂〔70歳〕
  • 1799年(寛政11年)9月1日、小泉41代日穏寂〔70歳〕
  • 1813年文化10年)8月18日、小泉43代日就寂〔53歳〕
  • 1818年文政元年)3月4日、保田31代・小泉34代日正寂〔84歳〕
  • 1824年(文政7年)1月21日、保田33代・小泉40代日承寂
  • 1828年(文政11年)4月22日、小泉42代日因寂〔84歳〕
  • 1832年天保3年)3月28日、保田34代・小泉44代日眷寂〔57歳〕
  • 1843年(天保14年)3月4日、小泉46代日諦寂
  • 1857年安政4年)3月4日、保田36代・小泉47代日樹寂〔48歳〕
  • 現住は65世吉田日綱貫首(静岡県長泉町円蔵寺より晋山)。興統法縁。

境内[編集]

  • 本堂
  • 客殿
  • 大庫裡
  • 黒門
  • 大乗坊

年間行事[編集]

旧末寺[編集]

日蓮宗は昭和16年に本末を解体したため、現在では、旧本山、旧末寺と呼びならわしている。

  • 富士山大乗坊(富士宮市小泉)塔頭
  • 長久山円蔵寺(静岡県駿東郡長泉町元長窪)
  • 日照山長遠寺(富士市三ツ沢)
  • 萱守山妙円寺(富士宮市小泉)

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]