小池勇二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小池 勇二郎(こいけ ゆうじろう、1908年明治41年)5月20日 - 1977年昭和52年)12月7日)は、日本通信技術者通信工学者、電気工学者、電子工学者工学博士。元松下電器産業東京研究所所長、元松下電器産業中央研究所所長、元株式会社松下電器東京研究所取締役社長、元松下技研株式会社取締役社長、テレビジョン学会名誉会員東北大学名誉教授

略歴[編集]

新潟県出身。1926年大正15年)に新潟中学校を卒業、1931年(昭和6年)に東北帝国大学工学部電気工学科を卒業、日本放送協会に入局、日本放送協会仙台放送局に配属、日本放送協会本部技術局に異動。

日本放送協会本部技術局では、調査や設計の業務に従事[1]、送信用の大出力真空管を開発[2]日本放送協会東京大電力放送所を設計[3][注 1]1938年(昭和13年)にπ型回路の簡易な設計法を発表[注 2]

1941年(昭和16年)に日本放送協会を退局、東北帝国大学工学部助教授に就任、通信工学科および東北帝国大学工学部附属電気通信研究所において研究に従事[1]

1942年(昭和17年)に大日本帝国陸軍シンガポールを占領した際に入手した、イギリス軍の対空射撃レーダーに関する書類『ニユーマン文書』を日本語に翻訳[6][7][注 3]

1942年(昭和17年)から陸軍技術研究所のレーダー開発に、東北帝国大学の抜山平一宇田新太郎[注 4]福島弘毅神谷六郎岡村進和田正信植村三良東京芝浦電気電子工業研究所所長の濱田成徳、副所長の西堀栄三郎たちと協力[8]

1944年(昭和19年)に東北帝国大学工学部教授に就任、東北大学附置電気通信研究所助教授の西澤潤一[注 5]を評価、「大学の外に半導体研究拠点を設立して、ノーベル賞を取れるような研究をしろ」と激励、半導体研究所の設立を応援[1][9]

1954年(昭和29年)にアメリカスタンフォード大学から客員教授として招聘され[3]スタンフォード研究所を視察、東北大学工学部に電子工学科を創設する事を決意[10]1958年(昭和33年)に東北大学工学部に電子工学科を設置[1][2][11]

1962年(昭和37年)に松下電器産業社長の松下幸之助の懇願で松下電器産業東京研究所所長に就任[1][2][3]名古屋大学工学部電子工学科講師の赤﨑勇[注 6]を評価、松下電器産業東京研究所研究室室長として招聘[12][13][14]

1963年(昭和38年)に株式会社松下電器東京研究所[注 7]社長に就任、1966年(昭和41年)に松下電器産業取締役に就任[注 8]、常務、専務を歴任、1971年(昭和46年)に松下技研[注 9]社長に就任。

中波大電力放送機と超短波送信管の設計理論の研究に成果をおさめて放送技術の発展に貢献、1975年(昭和50年)に日本放送協会放送文化賞を受賞[16]

松下幸之助、松下正治中尾哲二郎[注 10]城阪俊吉[注 11]たちと共に松下電器産業の技術の柱となり、松下電器産業の技術開発研究の将来のあり方に示唆を与え、若々しいエネルギーをつぎ込んだ[17][注 12][注 13]

著作[編集]

翻訳[編集]

監修[編集]

  • 『固体物性論概説』(吉田重知[著]、近代科学社、1959年)
  • 『光電装置』(和田正信[著]、近代科学社、1959年)
  • 『量子力学統計力学序説』(本多波雄桂重俊[著]、近代科学社、1960年)
  • 『気体放電 気体電子工学の基礎として』(八田吉典[著]、近代科学社、1960年)
  • 『真空管』(和田正信[著]、近代科学社、1960年)
  • 『自動制御理論』(福島弘毅[著]、近代科学社、1960年)
  • 『半導体装置』(西澤潤一[著]、近代科学社、1961年)
  • 『演算電子回路学』(松尾正之[著]、近代科学社、1961年)
  • 『放電管』(八田吉典[著]、近代科学社、1962年)
  • 『半導体材料学』(西澤潤一、宮本信雄[著]、近代科学社、1968年)
  • 『制御電子工学』(菊地正山田蓁[著]、近代科学社、1969年)
  • 『電子工学基礎論』(和田正信[著]、近代科学社、1971年)

遺稿[編集]

  • 『漠空 小池勇二郎先生遺稿集』(漠空会、1978年)

論文[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1936年(昭和11年)4月に着工、1937年(昭和12年)12月に竣工。
  2. ^ この設計法を基に日本放送協会新郷放送所の技術者の島山鶴雄がπ型回路を世界で最初に放送機の出力回路に採用[4][5]
  3. ^ レーダーに日本では評価されなかった八木・宇田アンテナが使用されている事が判明。
  4. ^ 八木・宇田アンテナを発明。
  5. ^ のちに光通信半導体レーザー光ファイバーフォトダイオード)、高輝度赤色発光ダイオード、高輝度緑色発光ダイオードなどを発明。
  6. ^ のちに青色発光ダイオードを発明、2014年平成26年)にノーベル物理学賞を受賞。
  7. ^ 1963年(昭和38年)に松下電器産業東京研究所は株式会社松下電器東京研究所に変更。
  8. ^ 株式会社松下電器東京研究所社長および松下電器産業中央研究所所長と兼任[15]
  9. ^ 1971年(昭和46年)に株式会社松下電器東京研究所は松下技研に変更、2001年(平成13年)に松下電器産業先端技術研究所(松下電器産業中央研究所の後身、1994年(平成6年)に関西文化学術研究都市に開所)に統合。
  10. ^ 松下電器産業中央研究所所長、東京研究所所長、常務、専務、副社長、技術最高顧問などを歴任。
  11. ^ 松下電器産業中央研究所所長、無線研究所所長、技術本部長、常務、専務、副社長、顧問、松下技研社長などを歴任。
  12. ^ 例えば33歳の講師の赤﨑勇を研究室室長として招聘するなど。
  13. ^ 一方、松下電器産業の幹部は1981年(昭和56年)に赤﨑勇に窒化ガリウムの研究をやめろと命令、これが決定的な理由となり、赤﨑勇は松下技研を退社、名古屋大学に移籍[18]

出典[編集]

参考文献[編集]

関連文献[編集]

外部リンク[編集]