小此木真三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小此木 真三郎(おこのぎ しんざぶろう、1912年1月30日 - 1994年8月9日)は、西洋史学者。

栃木県足利市生まれ。1934年東京帝国大学文学部西洋史学科卒。羽仁五郎に師事。1941年応召、即日帰郷。文化学院講師、世界経済調査会嘱託、1952年静岡大学文理学部助教授、1959年法経学部教授、1975年定年退官、名誉教授、日本福祉大学教授。1982年退職[1]

著書[編集]

単著
  • 『ヨウロッパ帝国主義の成立』三一書房、1948年
  • 『ファシズムの誕生』青木書店青木文庫〉、1951年
  • 『帝国主義とファシズム』青木書店、1971年
  • 『サヨナラ!アート・スミス』小此木真三郎先生退官記念事業会、1975年
  • 『フレームアップ アメリカをゆるがした四大事件』岩波書店岩波新書〉、1983年
共編
翻訳
  • ホーマア・レイン『親と教師に語る 子供の世界とその導きかた』日本評論社、1949年

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987年