小森谷徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小森谷 徹(こもりや とおる、1965年8月11日 - )は、日本タレントリポーターニュースキャスターラジオパーソナリティ俳優日本大学芸術学部非常勤講師。株式会社ノット・コミュニケーションズ所属。身長170㎝、血液型O型。

人物[編集]

群馬県桐生市出身。群馬県立桐生高等学校を経て日本大学芸術学部卒業。お笑いコンビ『爆笑問題』は、大学時代の友人である。大学在学中から劇団東京サンシャインボーイズに参加し、その後花組芝居の一員となる。以後女形を数多くこなし、劇団の中核として活躍する傍ら、テレビ・ラジオのリポーターを数多く担当し、フリーアナウンサーのような認知もされている[1]。こうした経緯もあり、芸能事務所・イーグル・ベイと業務提携を結んでいる。

1990年代から、TBSテレビの平日の情報番組への出演機会が多い。2009年3月末に終了した同局『ピンポン!』の新聞コーナーでは、「新聞マエストロ 小森谷徹」とテロップ紹介されていた。また、2009年7月後半よりレギュラー出演している後番組の『ひるおび!』の新聞コーナーでは、「新聞マイスター 小森谷徹」とテロップ紹介されている。[2]

趣味はゴルフ・車。特に車に関する知識は豊富で、『新車ファイル クルマのツボ』(tvk)では一般ユーザーとしての視点で批評に加わっている。現在の愛車はシェビーバン、ポルシェボクスター。ポルシェ911カレラ4S(996型)も所有しており、ポルシェ好きでもある。また大型二輪免許も所持している。

2013年10月から毎週火曜日発売「週刊パーゴルフ」にてコラム『ゴルフが家族の合言葉』を連載中。

2007年3月16日、10年9ヶ月に渡って務めた『東京シティ競馬中継』(TOKYO MX)の司会進行を卒業した。東京シティ競馬の司会進行の他、大井競馬場のイベントの司会も担当。大井競馬場所属の騎手・調教師と交友があり、司会最終日には内田博幸ら現役の騎手・調教師がスタジオに駆けつけ小森谷に花束を渡し卒業を見届けた。馬主として、大井競馬場所属の競走馬を数頭所有している。

2013年からぐんま観光特使[3]

主な出演番組[編集]

現在の出演番組[編集]

テレビ
ラジオ
CM

過去の出演番組[編集]

テレビ
その他
ラジオ

脚注[編集]

  1. ^ 過去にフジテレビ関係のアナウンサーが中心となった舞台イベントに参加した際、フジテレビの文字放送などではフリーアナウンサーという肩書きで紹介されていた。
  2. ^ ただし、「ワイドショー講座」を除く。
  3. ^ ぐんま観光特使の紹介(群馬県)、2015年7月21日閲覧

外部リンク[編集]

娘 小森谷遥のTwitter